**************************************************************************************************


ハワイ出身の14歳のキュートな新人アウリーリィ・クラヴァロちゃんが、タイトルロールの主人公の声優に大抜擢されたディズニーのアニメ映画の最新作「モアナ」が、北米で今週末の日曜日=6月12日に予告編を初公開する前フリの告知として、ご覧の最初の1枚めのポスターを披露してくれました…!!、「ザ・リトル・マーメイド」(1989年)のジョン・マスカー監督とロン・クレメンツ監督の名コンビが、約二千年前の古代の南太平洋の海と島々を舞台にしたファンタジック・アドベンチャーは、由緒ある航海士の家系に生まれた主人公の少女、モアナ・ワイアリキちゃんが、民話に語られた島を探す航海の途中で、伝説の半神半人のデミゴッド、マウイと出会って一緒に、海のクリーチャーに遭遇したり、深海の世界をめぐるといった冒険に挑むことになるそうです…!!、ドウェイン・ジョンソンに似ているデミゴッドのマウイの声は、見た目通りにドウェイン・ジョンソン!!、海のアニメなので、できれば、夏場に観たい感じですが、全米航海は今秋の11月23日からです!!、日本の日付けで言えば、来週月曜日の6月13日になる「モアナ」の予告編の初公開をお楽しみに…!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。


製作費に巨額の2億ドルを注ぎ込むハリウッド映画の大作のスタッフって実際のところいくらのギャラをもらってんの ? !



製作費が約2億ドルと言えば、再来週末の6月24日に全米を侵略する「インデペンデンス・デイ : リサージェンス」と同等のスケールの大作になりますが、Vanity Fair の調べによれば、まず現場でメガホンを振るい、映画の出来栄えを左右する監督の演出料が約400万ドル=約4億2,758万円なのに対して、そもそもシナリオがなければ撮影できないばかりか、実際の映画の内容と言える物語を考える脚本家の執筆料は、書くだけなので?!、約325万ドル=約3億4,741万円と少し、お安めになるものの、巨額の2億ドルを取り戻す観客動員の要となる主演俳優=たいてい男優の出演料は、さすがに末尾の0の数が増えて、約1,200万ドル=約12億8,274万円にまで跳ね上がるようです…!!、しかしながら、その主役のお相手の準主演、つまり、女優のギャラは約450万ドル=約4億8,103万円にまで下落し、大きな開きがあるようですから、ハリウッドの男女差別の賃金格差が、しばしば問題視されるのも仕方のない感じですね…。とまぁ、これはあくまでも目安にしか過ぎませんが、今日のレート、1ドル=約107円をもとに、その他の色んな映画スタッフのギャラをチェックしてみてください…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA