**************************************************************************************************


「ウィ・ニード・トゥ・トーク・アバウト・ケヴィン(少年は残酷な弓を射る)」(2011年)で強烈な印象を残したエズラ・ミラーが、超高速ヒーローの主役に抜擢された映画版の「ザ・フラッシュ」(2018年3月3日全米公開)で、監督デビューを飾るはずだった作家のセス・グレアム=スミス(「高慢と偏見とゾンビ」)が降板してしまった…という残念なニュースをキッカケとして、マーベル・シネマティック・ユニバースに対抗するため、即席に企画されたと言われる DC・シネマティック・ユニバースの崩壊説がまた浮上し、第2の離脱者?!として名前を持ち出されたジェームズ・ワン監督が、自らの Twitter にアップしてくれた写真です!!、同監督の真意を表わすコメントは何も添えられていないものの、とてもリラックスした雰囲気で、アクアマンの巨大なディスプレイに寄りかかっている様子からして、ぼくはジェイソン・モモアが主演するコミックヒーロー映画(2018年7月27日全米公開)から降板したりしないよ…!!と、暗にリアクションしてくれたように思われるのですが、CIAリーダーのみなさんは、この写真の意味をどのように解釈されたでしょう?!、なお、ジェームズ・ワン監督のヒーロー映画「アクアマン」のヒロインには、すでにジョニデの若い嫁さんとして知られるアンバー・ハードが決定しています…!!

≪関連記事≫
The Flash: 映画版「ザ・フラッシュ」の監督が降板したのをキッカケに、ワーナー・DCのコミックヒーロー映画シリーズが崩壊する可能性が浮上?!(16.4.30)

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。


自分が登場しないキャプテン・アメリカ: シビル・ウォー」で活躍のスパイダーマンに嫉妬したらしい雷神ソーのイタズラの数々 ! !



B面で紹介したように、自分とハルクにお呼びがかからなかった「キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー」(5月6日全米公開)に対して、雷神ソーは大変に不満です…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA