**************************************************************************************************


地元のノルウェーでメガホンをとったリアル・ディザスター映画の「ザ・ウェーブ」が、先週末に北米でも限定公開で封切られたロアー・ウートハウグ監督にメガホンが託されたリメイク版「トゥームレイダー」が、サーガの新しいヒロインに目をつけているらしいことが明らかになりました…!!



過去のアンジェリーナ・ジョリー主演版を製作したパラマウント映画ではなくて、同社が返還した権利を、もう約7年前の2009年に取得したワーナー・ブラザースが紆余曲折を経て、あらためて映画化に挑む新しい「トゥーム・レイダー」で、トレジャーハンターの戦うヒロイン、ララ・クロフトを演じる女優の候補のひとりとして、現在は「スター・ウォーズ」の覚醒トリロジーの第2弾「宇宙熊」(2017年12月15日全米公開)を撮影中のレイこと、デイジー・リドリーの名前が挙げられているらしいことを、業界メディア Deadline のアリ・ジャファールが伝えてくれました…!!、しかしながら…、


現時点においては、実際の出演交渉どころか、デイジー側に対して、出演依頼のオファーも何もされていない…と、つまり、新しい「トゥーム・レイダー」の製作者たちが構想のひとつとして、デイジー・リドリーがララ・クロフトに扮した場合の可能性を検討し、想い描いているだけの言わば、絵に描いた餅のような話にしか過ぎません…。

よって、デイジー・リドリー主演の「トゥーム・レイダー」が実現するのか、しないのか…?!、何とも言うことはできませんが、まったく無名の新人ながら、「スター・ウォーズ」の新しいヒロインのレイに大抜擢をされた超幸運なデイジーは、裏を返せば、「スター・ウォーズ」を除けば、何のキャリアもないわけですから、覚醒トリロジーの終了後に、さらに映画女優として第一線で活躍していくためには、ララ・クロフトのキャラクター人気にもとづいて、ある程度のヒットが約束されてると言えそうな「トゥームレイダー」のプロジェクトは、新たな代表作になり得る格好の単独主演シリーズとして、打ってつけではないでしょうか?!、なので、仮りに現実に今後、オファーがあった場合、デイジーは前向きに検討をしてもよいように思われますが、CIAリーダーのみなさんは、デイジー・リドリーがララ・クロフトの役に向いている?!、それとも向いていない?!、いったい、どちらに思われるでしょう…?!、尚、今のところ、新しいララ・クロフト役の候補として、「トゥーム・レイダー」ファンの人気を集めているのは、「ミッション: インポッシブル ‐ ローグ・ネイション」のレベッカ・ファーガソンですね…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA