**************************************************************************************************


最優秀助演男優賞BEST SUPPORTING ACTOR

マーク・ライランス - ブリッジ・オブ・スパイズ


まったく予想…と言うか、多くの映画ファンや、世間の思いが裏切られてしまいました…。

※このページは、現地のロサンゼルスでも、もう今日の2月28日(日)の午後5時30分=日本の日時で言えば、明日の週明け月曜日の午前10時30分から、ドルビー・シアターで行われる授賞式の結果を受けて、更新し、受賞速報の記事とさせて頂きます。予想が当たるか、はずれるか?!、お楽しみに…!!



【予想】 : 前哨戦となる全米映画俳優組合の第22回SAG賞は、オスカーに無視された「ビースツ・オブ・ノー・ネーション」のイドリス・エルバを選んだので、参考にならないわけですが、演技の力量と質から言えば、「ザ・ビッグ・ショート」のクリスチャン・ベールか、「ブリッジ・オブ・スパイズ」のマーク・ライランスが選ばれるのが妥当かと思われます。しかしながら、クリスチャン・ベールは過去にもう、「ザ・ファイター」(2010年)で、この助演男優賞を手にしていますし、そもそも演技派のプロフィールからすれば、この先もオスカーにノミネートの機会は何度もめぐって来そうです。同様にマーク・ライランスも、これからオスカー常連になり得る将来性が見込めるのに対し、本来はアクション・スターであることや、69歳という年齢からして、今回がまったく最後のチャンスかもしれないスタローン隊長に、オスカーをあげたい!!という気持ちが働くのは無理がないでしょうし、誰もがロッキー・ボルバアのことは好きだと思います。よって、スタローン隊長の長年に渡る活躍と映画界への貢献に敬意を表し、その功労に報いる意味でも、スタローン隊長に票が集まることになるのではないでしょうか…?!

栄えあるノミネートは以下の通りです!!


ザ・レブナント」のトム・ハーディ



ザ・ビッグ・ショート」のクリスチャン・ベール


クリード」のシルベスター・スタローン 



スポットライト」のマーク・ラファロ









【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA