**************************************************************************************************


昨2015年9月に、本当だったら、主役の男女を同時に発表したいと思っていたスピルバーグ監督が、ヒロインの Art3mis 役の女優には、「ミー&アール&ザ・ダイイング・ガール」(2015年)のオリヴィア・クックを決定できたものの、残念ながら、見つけることができなかったオタク大作「レディ・プレイヤー・ワン」の主人公のウェイド・ワッツ役に、タイ・シェリダンが起用されたことを、業界メディア Deadline のマイク・フレミングが伝えてくれました…!!、ご覧の写真のように、ホラー・コメディのバカ映画「スカウツ・ガイド・トゥ・ザ・ゾンビ・アポカリプス」(2015年)に主演したほか、5月27日全米公開の「X-Men」シリーズの最新作「アポカリプス」では、目から光線のサイクロップス役を新たに演じてるタイ・シェリダンにとって、「レディ・プレイヤー・ワン」の主人公に抜擢されたのは、まさにチャンスがめぐってきた初の大役ですが、そもそもはテレンス・マリック監督の「ザ・ツリー・オブ・ライフ」(2011年)や、ジェフ・ニコルズ監督の「マッド」(2012年)といったドラマ映画で、演技の才能が認められた逸材だけに、そうした実績が、スピルバーグ監督に買われたものと思われています!!、共演者として、ベン・メンデルソーンが悪役に扮する「レディ・プレイヤー・ワン」は、約2年後の2018年3月20日に全米公開!!、西暦2041年を舞台に、ゲーム界のカリスマのジェームズ・ハリデーの遺産をめぐって、オンラインの仮想世界 〈オアシス〉 に秘められた謎に挑むことになります…!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。


バットマン・オタク歴20年以上のマニアが約1年半かけて手作りしたバットケイブ風のコレクション展示室 ! !



バットマン・オタク歴20年以上を誇る彫刻家ダーレン・ウィルソンさん46歳が、これまでに1万5千ポンド=約235万円を費やして集めたバットマン・グッズのコレクションを展示するのにふさわしい場所が欲しいと思いたち、自宅の空き部屋を改造して、自分なりに作り上げたバットマンの隠れ家のバットケイブの様子をご覧ください!!、平日夜と週末の空いた時間を使って、妻のキャサリンさんにも手伝ってもらいながら、約1年半をかけて完成したそうです…!!、なお、どうして、ダーレンさんは、そんなにバットマンが好きなのか…?!という理由ですが、バットマンは自分たちと同じ人間ながら、その他の多くの特殊能力を持ったスーパーヒーローたちを圧倒する存在だからだそうです…!!、ダーレンさんに、バットマン V スーパーマンの勝敗の行方を尋ねたら、きっと、ベン・アフレック監督の勝ちだと答えてくれそうですね…!!








【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA