**************************************************************************************************


昨2015年秋に世界中で大ヒットした「ザ・マーシャン」により、来月末2月28日に授賞式が開催の第88回アカデミー賞の最優秀監督賞候補にあげられる可能性が高いリドリー・スコット監督が、60年代のTVシリーズ「プリズナーNo.6」の映画化に向けて、メガホンをとるべき否か?!、製作のユニバーサル映画と検討に入ったことを、業界メディア Deadline のマイク・フレミングが伝えてくれました!!、1967年から翌68年にかけて、全17話が放送されたイギリスのTVシリーズ「プリズナーNo.6」は、パトリック・マクグーハン扮する主人公の諜報部員が辞職するや、身柄を拉致され、謎めいた海辺の村に幽閉されてしまう!!といった発端から物語が展開するSFタッチのスパイ・スリラーです。ジム・カヴィーゼル主演のリメイク版シリーズが、2009年に作られた「プリズナーNo.6」の映画化にあたっては、「ザ・ダークナイト」トリロジーのクリス・ノーラン監督の名前も過去にあがっていたことがありますが、果して、リドリー・スコット監督が、ユニバーサル映画の依頼を引き受けるのか…?!、いずれにしろ、すでに今春3月クランクインの次回作「エイリアン: コブナント」の撮影準備に入っているだけに、仮りに「プリズナーNo.6」を手がけるとしても、同「プロメテウス2」には、さらに2本の続篇映画が企画されていますから、かなり当分、先のことになるかもしれませんね。

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。


ピクサーのアニメ映画に秘められた名作映画へのトリビュートをまとめた約5分間のコンビネーション・ビデオ ! !



スペインのマドリードにお住まいのビデオ・エッセイストのホルヘ・ルエンゴ・ルイスさんによれば、あえて、「バグズ・ライフ」(1998年)を含めなかった理由は、同アニメ映画は丸ごと全部が、物語に下敷きになっている黒澤明監督の「七人の侍」(1954年)に捧げられたトリビュートだからだそうです…!!


ザ・シンプソンズカンフー刑事のバカ映画カン・フューリーにトリビュートしたみたいなオープニング ! !



カンフー刑事のバカ映画「カン・フューリー」って、何ですか…?!ということは、熱血のデヴィッド・サンバーグ監督が自ら、80年代のカンフー刑事に扮した傑作をコチラでぜひ、お楽しみください…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA