**************************************************************************************************


全米で現在公開中のスピルバーグ監督の社会派の実話映画「ブリッジ・オブ・スパイズ」では、ソ連のスパイのルドルフ・アベルに扮し、主役のトム・ハンクスに負けず劣らずの名演技を披露したことから、次回アカデミー賞の最優秀助演男優賞にノミネートされるに違いないと期待されているマーク・ライランスが引き続き、同監督と組んで、タイトルロールの巨人を演じた「The BFG」の予告編を、ディズニーが初公開したので、ぜひ、ご覧ください…!!







映画ファンにとっては、ヘンリー・セリック監督の「ジャイアント・ピーチ」(1996年)や、ティム・バートン監督の「チャーリーとチョコレート工場」(2005年)、ウェス・アンダーソン監督の「ファンタスティック・Mr.フォックス」(2009年)などの傑作の原作者として知られるイギリスを代表する作家の故ロアルド・ダールが、1982年に発表した同名の児童文学を、スピルバーグ監督がメガホンをとって映画化した最新作「The BFG」の予告編です…!!


さすがにスピルバーグ監督のお眼鏡にかなっただけあって、イングランド出身の新人子役ルビー・バーンヒルちゃんが大抜擢を受けた主人公の10歳の少女ソフィーに扮して、いきなり堂々とした演技の一端を観せてくれたファンタジー映画「The BFG」の原作を、「オ・ヤサシ巨人BFG」の邦題で出版する評論社の紹介によれば…、
“ 夜、ソフィーは見た。8メートルもの巨人が、子ども部屋に細長いラッパのようなもので何かを吹きこんだのを…!!、そして、ソフィーはさらわれてしまった!!、さらった巨人の名は、オ・ヤサシ巨人BFG。連れていかれたのは、巨人国。恐ろしいことに、巨人たちは、ニンゲンマメ(人間)を好物にしていた。オ・ヤサシ巨人が子ども部屋に吹きこんだのは、何?!、果たして、ソフィーの運命は?! ”

…とのことで、映画の物語としては、巨人国の実情を知ったルビー・バーンヒルちゃんの少女ソフィーが、マーク・ライランスの例外的にやさしい巨人と一緒にロンドンに赴き、ペネロープ・ウィルトン(「ダウントン・アビー」)扮するヴィクトリア女王に対して、恐ろしい巨人たちが進撃してくる脅威を警告するのですが…ッ!!といった展開を迎えることになるそうです…!!


まずは、こんな映画がやって来ますよ…!!と知ってもらうだけの最も最初の予告編なので、主人公の少女と巨人しか登場しませんでしたが、「アイアンマン3」(2013年)のレベッカ・ホール、「メン・イン・ブラック 3」(2012年)のジェマイン・クレメント、「トレインレック」(2015年)のビル・ヘイダーらが共演者に名前を連ねている「The BFG」は、ディズニー映画の来年2016年夏の話題作として、7月1日から全米公開!!、冒頭でふれたシリアスな「ブリッジ・オブ・スパイズ」とは打って変わって、スピルバーグ監督らしいブロックバスター映画の娯楽作に仕上がりそうな「The BFG」の予告編をご覧になって、CIAリーダーのみなさんは、どのような期待の感想をお持ちになられたでしょう…?!

The talents of three of the world’s greatest storytellers – Roald Dahl, Walt Disney and Steven Spielberg – finally unite to bring Dahl’s beloved classic “The BFG” to life. Directed by Spielberg, Disney’s “The BFG” tells the imaginative story of a young girl and the Giant who introduces her to the wonders and perils of Giant Country.

The BFG (Mark Rylance), while a giant himself, is a Big Friendly Giant and nothing like the other inhabitants of Giant Country. Standing 24-feet tall with enormous ears and a keen sense of smell, he is endearingly dim-witted and keeps to himself for the most part. Giants like Bloodbottler (Bill Hader) and Fleshlumpeater (Jemaine Clement) on the other hand, are twice as big and at least twice as scary and have been known to eat humans, while the BFG prefers Snozzcumber and Frobscottle. Upon her arrival in Giant Country, Sophie, a precocious 10-year-old girl from London, is initially frightened of the mysterious giant who has brought her to his cave, but soon comes to realize that the BFG is actually quite gentle and charming, and, having never met a giant before, has many questions. The BFG brings Sophie to Dream Country where he collects dreams and sends them to children, teaching her all about the magic and mystery of dreams.

Having both been on their own in the world up until now, their affection for one another quickly grows, but Sophie’s presence in Giant Country has attracted the unwanted attention of the other giants, who have become increasingly more bothersome. Sophie and the BFG soon depart for London to see Queen Victoria (Penelope Wilton) and warn her of the precarious giant situation, but they must first convince the Queen and her maid, Mary (Rebecca Hall), that giants do indeed exist. Together, they come up with a plan to get rid of the giants once and for all.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA