**************************************************************************************************


「ゴジラ」(2014年)のギャレス・エドワーズ監督が撮影中の「スター・ウォーズ」のキャノン史上初のスピンオフ映画「ローグ・ワン」(2016年12月16日全米公開)に続く第2弾の「ヤング・ハン・ソロ」などと、ひとまず呼ばれている映画のオーディションに、「ゴジラ」のアーロン・テイラー=ジョンソンがチャレンジしていたことが明らかになりました!!




ディズニー・ルーカス・フィルムの公式のあらすじによれば…、
“モス・アイズリーの酒場のカンティーナで、ルーク・スカイウォーカー、オビ=ワン・ケノビと初めて出会うことになるハン・ソロは一体、どのようにして、密輸入者で盗っ人のならず者になったのか?!、その若き日々に焦点を当てて描く物語。”
…と伝えられている「スター・ウォーズ」のスピンオフ映画の第2弾で、ハリソン・フォードの当たり役のハン・ソロを新たに演じるチャンスをつかむべく、すでに2,500名以上もの膨大な数の俳優たちがオーディションに臨んだり、立候補をするなど、ヤング・ハン・ソロ狂想曲?!とでもいった事態が勃発していることを、Heat Vision のレベッカ・フォードとボリス・キットがレポートしてくれました…!!


「The LEGO Movie」(2014年)や、「22ジャンプ・ストリート」(2014年)などのフィル・ロードとクリス・ミラーの監督コンビが抜擢を受けて、メガホンをとる「ヤング・ハン・ソロ」で、若き盗っ人のならず者に扮して、主演をするべく、名乗りをあげたのは、記事の見出しで、例にあげた「ゴジラ」のアーロン・テイラー=ジョンソン25歳(↓ 写真中)、「ファンタスティック・フォー」(2015年)のマイルズ・テラー28歳(↓ 写真右)らのほか…、


「ジュラシック・ワールド」のニック・ロビンソン20歳(↑ 写真左)、「ジャンプ・ストリート」シリーズで、すでに両監督と組んだ間柄のデイヴ・フランコ30歳、「フューリー」(2014年)のパーシー・ジャクソン23歳、「ザ・フォールト・イン・アワ・スターズ」(2014年)のアンセル・エルゴート21歳、「トランスフォーマー 4」(2014年)のジャック・レイノール23歳、「ザ・パージ」(2013年)のトニー・オーラー24歳らに加えて…、


「コナン・ザ・バーバリアン」(2011年)では、ヤング・コナンだったレオ・ハワード18歳、「ザ・ウォーキング・デッド」のチャンドラー・リッグス16歳といったティーン・エイジャーから、1977年公開「スター・ウォーズ」に、ハリソン・フォードが出演した当時と同じ年齢の34歳のラミ・マレック(「ナイト・アット・ザ・ミュージアム」シリーズ)といった世代までが含まれているそうで、人材を発掘するキャスティング・ディレクターのジーン・マッカーシーによれば、20代の半ばが想定されているらしいヤング・ハン・ソロの大役を目指し、それこそ50歳以下であれば、誰も彼もが志願をしている状況のようです…!!

さらに同キャスティング・ディレクターによれば、テレビシリーズ「ヘムロック・グローブ」のランドン・リボアイアン23歳といったカナダ出身の俳優たちや、「ゴシップ・ガール」のエド・ウェストウィック28歳、「ハリポタ」のトム・フェルトン28歳といった英国勢らも視野にいれて、人選を進めるそうですから、いったい、誰がヤング・ハン・ソロを演じるのか?!という大役の行方をめぐって、新年2016年は予想や、憶測、デマの話題が飛び交うことになりそうですね…!!


いよいよ、16日後の12月18日から全世界で同時に公開の「ザ・フォース・アウェイクンズ」に引き続き、ローレンス・カスダンが脚本を担当し、共同執筆者に息子のジョン・カスダンを加えた「スター・ウォーズ」のスピンオフ映画の第2弾は、再来年の2017年1月に撮影を開始して、翌2018年5月に全米公開の予定です…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA