**************************************************************************************************


既存の映画ポスターだけでは飽き足らない映画マニアのグループが、お金を出しあって、コロラド州のデンバーで、デザイン・スタジオの Changethethought を営むアーティストのクリストファー・コックスさんに依頼して、特別に描いてもらった「マッドマックス : フューリーロード」(2015年)のオリジナル・アート・ポスターです…!!、コチラのクリストファー・コックスさんのサイトで、アートの詳細と色違いのバージョンをご覧ください…!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。


ゼア・ウィル・ビー・ブラッドの鬼才ポール・トーマス・アンダーソン監督がロバート・ダウニー・Jr.主演の実写版ピノキオから降板 ! !


今夏7月初めに、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(2007年)などの鬼才ポール・トーマス・アンダーソン監督が、アイアンマンのロバート・ダウニー・Jr. が自らプロデュースを手がけ、ゼペットじいさんの役を演じる実写版「ピノキオ」の脚本を執筆することになった…!!ということは、つまり、同監督は自分がメガホンをとる作品の脚本しか執筆しないので、監督をする見込みになったニュースをお知らせしましたが、上 ↑ の Tweet のように、早々と降板の結果に陥ってしまったことを、映画ジャーナリスのジェフ・スナイダーが教えてくれました…!!、P.T.A 監督がどうして、「ピノキオ」から降板したのか?!の理由は不明ですが、製作費を出資するワーナー・ブラザースは、ウルヴァリンのヒュー・ジャックマンを目玉キャストに起用し、先月10月はじめに封切ったピーター・パン・ビギンズ「パン」が見向きもされず、巨額の赤字を抱え込んでしまった…という経緯があるので、その失敗作に似た企画と言えそうな「ピノキオ」の製作そのものを見送りにしてしまった可能性も考えられそうです…。父と息子の微妙な関係をくり返し、テーマにしている P.T.A 監督が、木の人形のピノキオと、その作り手だけに、言わば父のゼペットじいさんの関係をどう描くのか?!、大変に興味深いプロジェクトでしたが、残念ですね…。なお、ジェフはあわせて、「グラビティ」(2013年)のアルフォンソ・キュアロン監督が、スティーヴン・キング原作の「ドクター・スリープ」=「シャイニング」の続篇の企画を辞退したことにもふれています。







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA