**************************************************************************************************


「ソー」シリーズのアスガルドの番人ヘイムダルこと、ヒップホップ・ミュージシャンの DJ Driis が、自分も参加しての撮影が極秘裏に行われたことをリークしてしまい、その掟破りに対して、ジョス・ウィードン監督が不快感を示すトラブルに到ったように、今夏の大ヒット作「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」に間違いないく出演をしたトムさんのロキの出番は、どうして、実際の完成した映画本編から、すべてカットされてしまったのか…?!、 Digital Spy の取材に応じた当のモノマネ名人によれば…、








“ ぼくは、ソーが見た夢のシーンに出演したんだ。撮影はわずか1日だけだったけど、とても楽しいものだったよ。それから、ぼくはプロデューサーのケヴィン・ファイギから電話をもらうのにあわせて、ジョス・ウィードン監督からのメールも受け取ったんだけれど、テスト試写の結果、観客がロキの役回りを必要以上に受けとめてしまったんだ。と、そのように思われたのは、ぼくがソーの夢の中で、ウルトロンを操っていたからなんだけれど、それは観客が期待したのとは釣り合わないチグハグだった。だから、観客を混乱させてしまうとして、ジョスとケヴィンは、ぼくのシーンをカットすることに決めたんだ。 ”


…とのことで、えッ、ウルトロンの背後にいる黒幕の真の悪役は、やっぱり、前作(2012年)に引き続き、ロキだったの…?!と、どうやら、テスト試写でカン違いをした観客が多かったらしいことから、残念ながらトムさんの出番はなくなってしまったみたいですが、ウルトロンは、ロキが手に持っていた武器のセプター(笏)に取り付けられていたマインド・ストーンから誕生しただけに、まぁ、ロキとは無関係ではありませんから、すべてはロキの悪だくみか…?!と思われても仕方ないのかも…?!、でも、マーベル・シネマティック・ユニバースのファンの皆さんとしては…、


そのロキのセプターは、そもそもはチタウリのものなのだから、けして、ロキが仕組んで、ウルトロンを誕生させ、裏で糸を引いているとまで拡大しては考えないと思います。しかしながら、特にコミックヒーロー映画の展開にこだわっているわけでもない一般の観客の目線からすると、ロキの再登場は、すべての禍々しい出来事の真相を明らかにした描写?!と安易に受け止められてしまったようですね…。さて、CIAリーダーのコミックヒーロー映画ファンのみなさんは、この「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」から、ロキが消えた理由の真相について、どのような感想をお持ちになられたでしょう…?!








【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA