**************************************************************************************************


マシュー・ヴォーン監督が今春、世界各国で封切り、大ヒットをモノにしたスパイ・アクション映画「キングスマン: ザ・シークレット・サービス」で、悪のヒロインのガゼルを演じて、大きな注目を集めたソフィア・ブテラが抜擢された役は、ご覧のようなイメージのエイリアンのキャラクターだったことが明らかになりました…!!







カナダのバンクーバーを拠点にして、ジャスティン・リン監督(「ワイルド・スピード」シリーズ)が撮影を続けている最新作「スター・トレック・ビヨンド」が今週、屋外にセットを組んで行っているロケの様子のメイキング・ビデオと写真を、Screen Crush のマイク・サンプソンが、独占公開で紹介してくれました…!!


エドガー・ライト監督との名コンビで知られる脚本家のサイモン・ペグが、テレビシリーズ「ダーク・ブルー」のライター、ダグ・ジャングと共同で執筆したシリーズ誕生50周年記念作の具体的なプロットは、まだ明らかにされてないため、クリス・パインのカーク船長をはじめとするキャストが一体、どんなシーンを演じているのか?!は、サッパリと憶測がつきませんが、「スター・トレック」オタクの映画ジャーナリスト、ジョーダン・ホフマンは…、


これらの写真とビデオを観た感想として、ソフィア・ブテラの未知のエイリアン・ヒロイン(↑)の姿は、前作「イントゥ・ダークネス」(2013年)の冒頭に登場した惑星ニビルに暮らしていたエイリアンたち(↓)と大変によく似ていることを指摘してくれています!!、なので、ひょっとすると、同惑星を救うために自分の身を犠牲にまでしようとしたスポックと、船長の地位を失う覚悟で、命を守ることにしたカークらに対して、感謝の気持ちを抱き、一緒に行動することになったキャラクターなのかも…?!


上 ↑ の写真のクリス・パインのカーク船長と、後から登場するアントン・イェルチンのチェコフとは、イメチェンの新しいユニフォームを身に着けていますが、下 ↓ のサイモン・ペグのスコッティは従来通りのイメージのままなので、新ユニフォームは、あくまでも、船外活動のミッションに臨む者が着用することになるのかもしれませんね…!!


その他のおなじみのレギュラー・キャストのザッカリー・クイントゾーイ・サルダナ、カール・アーバン、ジョン・チョーらに加えて、「ソー」シリーズのイドリス・エルバが悪役として新たに登場するシリーズ半世紀の節目のメモリアル映画「スター・トレック・ビヨンド」は、来年2016年7月8日から全米航海!!、続報をお楽しみに…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA