**************************************************************************************************


上 ↑ の写真の戦うヒロイン、ワスプのイメージをはじめ、全米大ヒット中の「アントマン」の映画のアートをふんだんに網羅した豪華本「マーベルのアントマン: ジ・アート・オブ・ザ・ムービー」を、来月8月4日の出版に先がけて、入手したアート本のレビュー・サイト Parka Blogs が紹介してくれました…!!、さらにどんな秘蔵のコンセプト・アートが掲載されているのか?!、続きを読むのあとで、動画でご覧ください…!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。



ザ・X‐ファイルズのリバイバル・シリーズがまたチラ見せの新しい予告編!!



先々週末に、ご覧頂いた最初の予告編と、前半は同じですが、デイヴィッド・ドゥカヴニーのモルダーが、ジリアン・アンダーソンのスカリーに向かって、“ 覚悟は出来ているか?! ” といった風に語りかけるセリフのやりとりが初めて、披露されました!!、スカリーによれば、“ 他に選択肢はないわ… ” だけに、覚悟をするしかない「ザ・X‐ファイルズ」のリバイバル・シリーズは、来年2016年1月24日から全米で放送開始です…!!



ディズニー・アニメの名物悪役の子どもたちの青春を描いたTV映画ディセンダンツドラマの冒頭の約6分間を初公開 ! !



「ハイスクール・ミュージカル」シリーズのケニー・オルテガ監督のメガホンによるディズニーチャンネルのオリジナル・テレビ映画の最新作「ディセンダンツ」が、今週末7月31日(金)の全米放送に先がけて、ドラマの冒頭の約6分間を披露してくれました…!!、「美女と野獣」(1991年)のベル(キーガン・コナー・トレイシー)とビースト(ダン・ペイン)との間に生まれた王子ベン=新人ミッチェル・ホープが、いよいよ、両親から王位を譲り受けるにあたり、王として最初に民に言い渡す布令として、禁じられた島に閉じ込めた悪役はさておき、その子どもたちに罪はないのだから、自由にして、王国に招くつもりであることを明らかにしたシーンに続き、登場したのは、「うわさのツインズ: リブとマディ」のダヴ・キャメロンが起用されたマレフィセントの娘のマルちゃん、「アラジン」(1992年)の魔法使いジャファーの息子のジェイ(ブーブー・スチュワート)、「白雪姫」(1937年)の魔女の娘のエヴィ=新人ソフィア・カーソン、そして、「101匹わんちゃん」(1961年)のクルエラ・ド・ヴィルの息子のカルロス(キャメロン・ボイス)!!、さて、4人の悪役の子どもたちは、それぞれの親と違い、悪だくみを弄することなく、王国での学園生活に善良になじむことができるのか?!、どうやら、理想家らしい王子ベンが、ただのお人好しにならなければよいのですが…ッ!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA