**************************************************************************************************


その風貌と声のトーンが買われて、トム・クルーズ主演のハードボイルド・アクション「ジャック・リーチャー」(2012年)では悪役を演じたほか、アニメ映画「ザ・ペンギンズ・オブ・マダガスカル」(2014年)にまで登場した鬼才ヴェルナー・ヘルツォーク監督の最新作「砂漠の女王」が、予告編を初公開したので、チラとご覧ください…!!







トルコ共和国の映画サイト、Beyazperde が初公開してくれた伝記映画「砂漠の女王」の予告編です…!!、探検家とも呼ばれるだけに、主演のニコール・キッドマンが同じく伝記映画の「グレース・オブ・モナコ」(2014年)で演じた元女優の王妃とは、かなりイメージが異なるものの、歴史に名を残した偉大な女性のひとりであることには変わりない主人公のガートルード・ベルについて、映画の原作ではありませんが、ジャネット ウォラックが執筆した伝記本「砂漠の女王―イラク建国の母ガートルード・ベルの生涯」(ソニー・マガジンズ)によれば…、

1900年代初頭。オスマン・トルコ帝国の支配が揺るぎはじめたころ、ひとりの英国人女性が中東を研究のために訪れていた。その名はガートルード・ベル。鉄鋼王の裕福な家庭に生まれ、ヴィクトリア朝時代の英国にあって、オックスフォードを優等で卒業した才女である。考古学を研究していた彼女は、やがて東方に深く傾倒し、ついに現地へ向かう。そこで、「アラビアのロレンス」こと、T・E・ロレンスと出会い、砂漠の民の流儀を知り尽くしたうえで諜報活動に従事、現地の人々と共に生きる道を選ぶ。しかし、大戦の激化とともに、ガートルードは英国民としての誇りと、イラクへの愛の狭間に立たされ、苦しい立場に追いやられることに…。

…とのことで、言わば女性版「アラビアのロレンス」とでも言える作品を、鬼才ヴェルナー・ヘルツォーク監督が作っただけに、かなり興味深い「砂漠の女王」ですが、残念ながら、今春2月に開催された第65回ベルリン国際映画祭でのプレミア上映では、“ 情熱を欠いた退屈な作品… ” と言った風に評され、あまり好意的には観てもらえませんでした。


となれば、上 ↑ の初公開の予告編で観られる映像がダイナミックで、ゴージャスなだけに見かけ倒しの作品か?!ということになってしまいますが、CIAリーダーのみなさんは、ニコール・キッドマンが、あらためて実在の人物の役に挑んだ意欲作「砂漠の女王」の予告編をご覧になって、どのような感想をお持ちになられたでしょう…?!


前述の “ アラビアのロレンス ” として知られる T・E・ロレンスの役を、「トワイライト・サーガ」のロバート・パティンソンが演じているほか、ジェームズ・フランコ(「ジ・インタビュー」2014年)、ダミアン・ルイス(TVシリーズ「ホームランド」)らが共演者に名前を連ねた「砂漠の女王」の北米での公開は未定ですが、配給権を取得したアトラス・ディストリビューションは、今秋の封切りを検討しているそうです…!!


The film tells the story of Gertrude Bell (1868-1926) who, as historian, novelist and member of the British secret service, played a decisive role around 1920 in setting the course for the new political order in the Middle East. As an educated young woman, for whom no suitable husband can be found in England, she journeys to Tehran. After a tragic love affair with diplomat and inveterate gambler Henry Cadogan, she decides to give up on her private life and discover the region as an explorer. Before the backdrop of the disintegration of the Ottoman Empire she learns languages, translates literature, meets with Muslim dignitaries in Cairo, Basra and Baghdad and earns their trust through her pluck and respect. Predestined to be a mediator between the Orient and the British Empire, she contributes to defining the new borders in the region after the First World War. And then love enters her life once again.

Werner Herzog uses the vast desert landscapes to depict the architecture of his characters’ souls. A panoramic epic about the woman who has gone down in history as ‘the female Lawrence of Arabia’.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA