**************************************************************************************************


ミア・ヴァシコウスカ主演の「アリス・イン・ワンダーランド」(2010年)の第2弾「アリス・スルー・ザ・ルッキング・グラス」が、来年2016年5月27日に全米公開になるだけに、ディズニーの古典ファタジー再生シリーズも、いよいよ、続篇の2周め?!に入っていくことになりそうですね…!!




アンジェリーナ・ジョリーとエルたんが共演し、昨2014年に全世界で約7億5,841万ドルもの興業成績を売り上げた実写版「眠れる森の美女」のファンタジー映画「マレフィセント」の続篇の企画に、ディズニーが当然、着手したことを、業界メディア Deadline のマイク・フレミングが独占レポートしてくれました…!!、アンジェリーナ・ジョリーの悪い魔女が引き続き、主演をつとめるという想定で、第1弾と同じく、リンダ・ウールヴァートンが脚本の執筆を進めることになった「マレフィセント 2」について、現時点でわかっていることは以上で、エルたんのオーロラ姫もまた登場するのか?!、ロバート・ストロンバーグ監督がまた、メガホンを握ることになるのか?!といった詳細は、今後の課題になりそうなほか、マイクも指摘してくれているのですが…、
広 告


アンジェリーナ・ジョリーは、かつてこそ、「トゥームレイダー」(2001年)の続篇(2003年)に登場し、当たり役と言われたララ・クロフトを2回、演じたものの、声の出演だけのアニメ映画「カンフー・パンダ」シリーズは別として、続篇映画には出演しません。よって、「ウォンテッド」(2008年)や、「ソルト」(2010年)も、シリーズ化が実現していないわけですが、果たして、ディズニーは、アンジェリーナ・ジョリー、あるいは、アンジェリーナ・ジョリー監督にまた、悪い魔女を演じてほしい!!と説得し、ウンと言わすことができるのか?!、前作と同様に、続編の仕掛け人もつとめるプロデューサーのジョー・ロスのお手並みに、ファンのみならず、ハリウッドの注目が寄せられることになりそうですね!!








【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA