**************************************************************************************************


映画のタイトルの “ Cooties ”=“ クーティーズ ” は、そのまんま日本語にすれば、“ シラミ ” ですが、言葉に込められた意味としては、いわゆる “ エンガチョ ” です…!!、つまり、実際のところ、ふれるだけで、人から人へと移り渡るバイ菌のようなものがあるわけではありませんが、子どもたちの想像上では、それが存在し、鬼ごっこのような遊び、もしくは、ひどい時には、イジメのような状態にまで発展することもあり得る “ エンガチョ ” を、この映画は、子どものゾンビ感染の暗示として、題名にしたわけですね…!!








ホラー映画マニアのオタク趣味が高じて、ついにはホラー映画専門の製作プロダクション、スペクターヴィジョンを立ち上げてしまったイライジャ・ウッドが製作・主演の最新作「クーティーズ」が予告編を初公開したので、子どもを次々と殺すなんて…ッ!!と、堅いことは言わず、お楽しみください…!!


昨2014年のサンダンス・フィルム・フェスティバルで初披露されるや、ライオンズゲートが即座に配給権を取得した「エンガチョ」は、かわいいステファニー・スコットちゃん主演のホラー映画「インシディアス: チャプター3」が、来月6月5日から全米で封切られるリー・ワネル監督と、「glee」のクリエイターのイアン・ブレナンとが共同でシナリオを執筆し、新人監督のジョナサン・ミロットとケリー・マニオンのコンビにメガホンを託したブラックなホラー・コメディです!!


お話の内容は…、予告編をご覧になれば一目瞭然なので、特に説明はいらないかと思いますが、子どもたちの大好きなチキンナゲットの食中毒…と言うには、あまりにも過激な結果ですが、小学校の食堂の汚染されたチキンナゲットを食べた児童がゾンビ化し、子どもたちの間で、たちまちゾンビ感染がパンデミック!!、イライジャ・ウッドをはじめとする先生たちと、ゾンビ感染をまぬがれた男の子は、子どもゾンビに占領された小学校から脱出することができるのか…?!


仕掛け人のイライジャ・ウッドの共演者として、俳優でもあるリー・ワネルが自らカメラの前にも立っているほか、TVシリーズ「ニュースルーム」のアリソン・ピル、「スーパー」(2010年)のヒーロー、レイン・ウィルソン、「LOST」のホルヘ・ガルシア、「30 Rock」のジャック・マクブレイヤー、「サタデー・ナイト・ライブ」のレギュラーだった女芸人のナジム・ペドラッドらが出演の「クーティーズ」は、北米で9月18日から VOD で配信開始と同時に、限定公開で封切りです!!


From the minds of Leigh Whannell (co-creator of SAW and INSIDIOUS) and Ian Brennan (co-creator of GLEE), produced by SpectreVision, COOTIES is a horror comedy with unexpected laughs and unapologetic thrills. When a cafeteria food virus turns elementary school children into killer savages, a group of misfit teachers must band together to escape the playground carnage. The film stars Elijah Wood (THE HOBBIT, LORD OF THE RINGS), Rainn Wilson (THE OFFICE), and Alison Pill (THE NEWSROOM) as teachers who fight to survive the mayhem while hilariously bickering in an uncomfortable love triangle on the worst Monday of their lives.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA