**************************************************************************************************


兄は裏社会のボスのヤクザなのに、弟は政治家で、上院議員…という複雑な兄弟の役を、ジョニー・デップとベネディクト・カンバーバッチが演じたことで話題の実録クライム映画「ブラック・マス」の予告編を、配給のワーナー・ブラザースが初公開したので、ぜひ、ご覧ください…!!、この予告編が披露された映画見本市のシネマコンでは、早くもジョニデが、次のアカデミー賞の最優秀主演男優賞候補になるのでは…?!といった声まで聞かれたそうです!!








どうやら、デイビット・ハーバー(「ザ・シークレット・ハンター」2014年)が演じる人物の自宅で食事をごちそうになったらしいジョニー・デップ扮するジェームズ “ ホワイティ ” バルジャーが、あまりの美味に感銘を受け、ぜひレシピを教えろなどと、ヤクザらしくないことを尋ねたところ、デイビット・ハーバーは “ わが家の秘伝 ” と言って、答えるのを最初に拒んでおきながら、ジョニデから重ねて、せがまれると容易に教えてしまいます…。デイビット・ハーバーとしては、裏社会の顔役のご機嫌をとったつもりかと思いますが、しかし、大事な “ わが家の秘伝 ” について、アッサリと口を割ったことについて、だったら、お前は、俺たち “ ファミリーの秘密 ” も、すぐに白状してしまうんじゃないのか?!といった風に、いやらしく斬り返されてしまうことに…。


…といった場面のオチが、単に人を脅して、怖がらせるタチの悪い冗談であったことから、ジョニー・デップが演じる主人公の底意地が悪く、抜け目のない人物像を見事に紹介すると同時に、実は “ ファミリーの秘密 ” をバラしている密告者が当の本人であるという設定までを伝えた秀逸な予告編のとおり、マサチューセッツ州のボストンを縄張りとして、敵対するイタリアン・マフィアを倒すために、FBI を利用するべく、あえて、情報提供者の密告屋になった実在のギャング、ホワイティ・バルジャーの生涯を描いた「ブラック・マス」の監督は、「クレイジー・ハート」(2009年)のほか、クリスチャン・ベール主演の「アウト・オブ・ファーネス」(2013年)を手がけたスコット・クーパー監督ですが…、


その前作「アウト・オブ・ファーネス」のハードなタッチと、兄弟を主人公にしたテーマは、よい意味で引き継がれているような感じがしますね…!!

“ ホワイティ ” というニックネーム通りのメイクこそ、施してはいるものの、近年では、ちょっとバカらしい…といった批判まで囁かれてしまっている、お得意の過剰なメイクと衣装は鳴りをひそめ、ジョニが本来の演技力で勝負に打って出たらしい「ブラック・マス」は、9月18日から全米公開!!、共演者は、ジョエル・エッジャートン、シエナ・ミラー、ケヴィン・ベーコン、ダコタ・ジョンソンといった大変に豪華な顔ぶれです…!!


さて、ジョニデは、次回のオスカーの候補に食い込めそうか?!、「ブラック・マス」が初公開した予告編をご覧になって、CIAリーダーのみなさんは、どのような感想をお持ちになられたでしょう…?!

BLACK MASS tells the true story of Whitey Bulger, the brother of a state senator and the most infamous violent criminal in the history of South Boston, who became an FBI informant to take down a Mafia family invading his turf. However, after the Feds closed in on their targets, they double crossed Bulger and ultimately prosecuted him, along with his partner in crime and the original FBI agent working with him.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA