**************************************************************************************************


1年半前の2013年夏に、「ワイルドスピード」シリーズのジャスティン・リン監督が、ブルース・リーの遺稿を下敷きにしたドラマの製作に着手するというニュースをお伝えしましたが、そのテレビシリーズをプロデュースするブルース・リー・エンタテインメントのシャノン・リー、つまり、ブルース・リーの遺族となる娘が、新たに父の伝記映画の製作にも乗り出すことを、以下 ↓ のプレスリリースで発表しました…!!、そのシャノン・リーのコメントによれば…、

“ これまでにも私の父に関するプロジェクトは、いくつもあったわけですが、しかし、それらは父の哲学や、芸術性について完璧な理解というものを欠いていました。それらは父の格闘哲学の真髄や、その物語の伝え方を捉えきれていなかったんです。ですから、父の並外れた個性と、その奥義を、本当に理解してもらうには、意見を同じくしてくれるパートナーを見つけて、私たち自身の作品を作るしかないと思ったんです。 ”
…とのことで、その意見を同じくしてくれるパートナーというのは、マイケル・ダグラスに、ロバート・デ・ニーロ、モーガン・フリーマン、ケヴィン・クラインといった名優たちがそろって登場した高齢者コメディ?!の「ラスト・ベガス」(2013年)などを製作したローレンス・グレイと、ウェイン・ワン監督の「ジョイ・ラック・クラブ」(1993年)などを手がけたプロデューサーのジャネット・ヤンだそうです…!!


伝説的なアクション・スターにして、截拳道をつくりあげた天才的格闘家、そして、卓越した人生観や、信念を抱いていたブルース・リーの生涯を描いた映画としては、これまでにソックリさんのホー・チョンドーが主演した「ブルース・リー物語」(1976年)や、ロブ・コーエン監督がメガホンをとった「ドラゴン: ブルース・リー物語」(1993年)などがあったわけですが、ブルース・リーの遺族が本格的にプロデュースするという意味においては、まさに公式?!の伝記映画になりそうな新作について、さらに娘のシャノンは…、
“ 多くの方々は、父が大変に多くをしたためた著述家であり、自身の哲学と作品とを創造したクリエイターだったことをご存知ないと思います。私たちが見せたいと思っているのは、父のそういう側面なんです。単に肉体的な強靭さではなく、父の人格と信念の奥深いところを知ってほしいんです。 ”
…と語ってくれただけに、果たして、どのような、これまでに見たことないブルース・リー像を描いてくれるのか?!、大いに期待をしたいところですが、しかし、ブルース・リーが、わずか32歳の若さで亡くなった1973年の時点で、娘のシャノンは、たったの4歳でしたから、いったい、父の信念や、哲学のどれだけを生で理解できていたのか…?!は、ちょっと疑問の感じがしないでもありませんね…。


しかし、いずれにしろ、ブルース・リーの存在が風化せず、こうして、また新しい映画が出来て、注目されるというのは、ファンの方にとっては、朗報かと思いますが、いったい、ブルース・リー役を演じる俳優には、誰が起用されるのか…?!、そのキャスティングの行方が大いに気になるところですね…!!、ブルース・リーの公式?!伝記映画の続報をお楽しみに…!!

BRUCE LEE ENTERTAINMENT ANNOUNCES BIOPIC OF THE ICONIC ACTION HERO AND MARTIAL ARTIST
Daughter Shannon Lee Teams with Lawrence Grey and Janet Yang to Produce New Feature Film


LOS ANGELES (February 27, 2015) – Shannon Lee, daughter of legendary martial artist Bruce Lee, announced today that his legacy will be brought to the screen in a new feature film, the first to be made with his family’s full involvement in the production. Lee’s company Bruce Lee Entertainment has partnered with Lawrence Grey and Janet Yang to produce a definitive biopic of the iconic Hollywood and Chinese star.

“There have been projects out there involving my father, but they’ve lacked a complete understanding of his philosophies and artistry. They haven’t captured the essence of his beliefs in martial arts or storytelling. The only way to get audiences to understand the depth and uniqueness of my father is to generate our own material and find amazing, like-minded partners to work with,” said Lee.

Bruce Lee’s classic films shattered records with each successive release in the early ‘70s, and his legacy remains unparalleled to this day. With tens of millions of fans following his rise, Bruce Lee’s untimely death at age 32 at the height of his fame and success shocked audiences worldwide. The unprecedented feature on the icon, who was one of the most compelling entertainment personalities to ever grace the silver screen, will be produced by Shannon Lee with Lawrence Grey (Last Vegas, Hope Springs, and the upcoming Section Six) and Ben Everard of Grey Matter Productions, as well as Janet Yang (The Joy Luck Club, People vs. Larry Flynt, Documented).

“Many don’t know that Bruce Lee was also a prolific writer and a creator of his own unique art and philosophy. That’s what we want to show – not just his kick-ass physicality, but the depth of his character and beliefs,” said Lee.
“I have long been inspired by Bruce Lee and wanted to partner with Shannon in order to really delve into the depth of the icon in a way that has never before been seen on the screen,” said Grey. “It is really a dream project and the perfect partnership.”

Bruce Lee Entertainment officially opened its doors in 2014 to create compelling and authentic productions around the action hero and martial artist. In addition to this biopic, Bruce Lee Entertainment has a number of film and television projects in development, including a television series based on an original idea and materials by Bruce Lee with director Justin Lin (Fast & Furious 6) as well as a reality-based show to launch in China with Keanu Reeves and Stephen Hamel of Company Films (John Wick). They are also working on a series of novels based on Bruce Lee writings along with a comic book series. Bruce Lee Entertainment already has one success with the remarkably popular mobile game, Bruce Lee: Enter the Game, created by its subsidiary Bruce Lee Interactive with Canadian developer, Hibernum Creations. The game saw over 5 million downloads in its first four weeks.

Janet Yang has been brought on to Bruce Lee Entertainment to help guide production as well as consult on the China market where interest in Bruce Lee remains extraordinarily high.
“It is a tremendous privilege to be working with Shannon on these exciting ventures about her father. In this age of an increasingly globalized culture, I can’t think of a more talented and innovative individual who embodies the best of East and West, and who can inspire future generations,” said Yang.
Bruce Lee Entertainment is represented at UTA and is a subsidiary of Bruce Lee Enterprises, the exclusive owner of all commercial merchandising, allied rights, and marks relating to the use of Bruce Lee’s name, image, and attributes worldwide.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA