**************************************************************************************************


1992年の公開から約23年間を経て、今さら、自分の作った「エイリアン3」が、なかったことに?!されようとしているデヴィッド・フィンチャー監督が、どのように思うのか…?!は、何とも言えませんが、主人公のリプリーを演じた当のシガーニー・ウィーバーは、「3」ばかりか、「4」も失敗だと思っていたようです…!!




ちょうど1週間前の先週木曜日(2月19日)に、正式に製作が決定したことをお知らせしたニール・ブロムカンプ監督の「新・エイリアン」は、いったい、どのような作品なのか…?!、気になっているCIAリーダーの数は大変に多いものと確信しますが、同監督と、あらためて主人公のリプリーを演じるシガーニー・ウィーバーが、ふたりにとって間もなく封切りの最新作「チャッピー」(3月6日全米公開)の宣伝プロモーションとして、Sky Movies のインタビュー(↓ 動画)に応じた中で、ついに謎の「新・エイリアン」について、語ってくれました…!!

インタビューのビデオは、Q&A のAだけで、質問の意図はわかりませんが、恐らくはどうして、「エイリアン」シリーズに復帰することを了承したのか…?!といったことを尋ねられたらしいシガーニー・ウィーバーのコメントによれば…
“ 宇宙のどこかで周回軌道をめぐり巡っているような状態から、リプリーを連れ出して、卓越した物語の流れで、彼女に適切な終わりを迎えさせてあげるというのは、私は好ましいと思ったの。
特にニール・ブロムカンプ監督のような人から突然、えっと…、リプリーの物語を完結させたいと考えてるんだけど…なんて言われたら、私の小さな耳も逆立っちゃうわよね。 ”
…とのことで、以上の発言を深読みすれば、シガーニー・ウィーバーは自分の「エイリアン」シリーズは、まさにフィナーレと呼べるような締めくくりのエンディングが、まだキチンと描かれていない…と思っていたように察することができそうですね!!、そうしたシガーニー・ウィーバーが、もしかすると抱えていたかもしれない「エイリアン」シリーズの…


消化不良を解決できる可能性を持った人物として、「チャッピー」の撮影を通じ、ニール・ブロムカンプ監督と出会ったわけですが、やはり、どうして、「エイリアン」を手がけようと思ったのか…?!とでも訊かれたらしい同監督は…、
“ 言わば、フロイトの悪夢だよ、ぼくに訴えかけてくるものは、ひとつひとつの要素なんだ。暗い廊下で、背後から、モンスターが、ひたひたと後を追ってくる…。そうした古来より観客が思わず、座席から身を乗り出してしまうような設定を、ぼくは気に入っているんだ。それらの要素を一切合切、持ち出して、エイリアンの命のサイクルと絡めるとなれば…、ぼくにとっては、まさに創造性の火薬が詰まった樽のようなものだね…!! ”

…と答えたことからして、自分の「新・エイリアン」をプロデュースしてくれるリドリー・スコット監督が、オリジナル映画の「エイリアン」(1979年)で描いたシンプルにして、心底怖いと思わせた巧みな恐怖描写に敬意を抱いているらしい節が窺えますが、それでは実際に、そのニール・ブロムカンプ監督が構想した「新・エイリアン」とは、どのような作品なのか…?!というと…、
“ ぼくは、この映画が、「エイリアン2」と文字通りに遺伝子的につながっていると感じられるようにしたいんだ。まず「エイリアン」があって、次に「エイリアン2」、そして、ぼくの「エイリアン」…!! ”
…と、つまり、ニール・ブロムカンプ監督とシガーニー・ウィーバーがコンビを組んで作る「新・エイリアン」は、とりもなおさず、ジェームズ・キャメロン監督の「エイリアン2」(1996年)の続篇に位置づけられる作品であるらしいことを明らかにしてくれました!!、となれば、冒頭のように、「エイリアン2」の続篇の「エイリアン3」は、とっくにデヴィッド・フィンチャー監督が作っているわけですから、ニール・ブロムカンプ監督とシガーニー・ウィーバーは、その既存の「エイリアン3」ばかりか、さらに続編の「エイリアン4」(1997年)まで無かったことにして、「エイリアン2」の後から、もう一度、シリーズをやり直すことで同意したように解釈できそうです…!!


奇しくも「ターミネーター」シリーズと同様に、「エイリアン」シリーズも本当におもしろいのは、ジェームズ・キャメロン監督がメガホンをとった「2」までだ…と、定義づけていらっしゃる映画ファンの方は少なくないように思うので、ニール・ブロムカンプ監督とシガーニー・ウィーバーが、その「2」の終わりに舞い戻って、シリーズの軌道を元に戻そうと考えているらしいのは、もしかすると共感を得られるのかもしれませんが、リプリーはインタビューの最後を…
“ 「エイリアン」シリーズは、とても偉大なものだと私は思っているの。だからこそ、適切な結末が与えられて然るべきはずだわ。きっと、ファンのみなさんも気に入ってくれると、私にはわかっている…!! ”
…だそうですから、シガーニー・ウィーバーとしては、リプリーとエイリアンとの物語に、今度こそ、誰もが納得のいく、まともな結末を与えられると、すでに確信をしているようです…!!


果たして、ニール・ブロムカンプ監督が、「エイリアン2」のその後…として、どのような展開をひらめいたのか…?!、その詳細については依然として不明ですが、ひとまず、謎の「新・エイリアン」が、どうやら、「正・エイリアン3」だったらしいことについて、CIAリーダーのみなさんは、どのような感想をお持ちになられたでしょう…?!

なお、「新・エイリアン」、あるいは、「正・エイリアン3」は、これからシナリを執筆するので、撮影のスケジュールなどは当然、未定ですし、また、もしかすると内容も若干、変わっていく可能性もあり得ますね…!!











【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA