**************************************************************************************************


自分中心のエゴのかたまりとして知られるウィル・スミスとの共演だけに、こうした事態は当然、起こり得るかも…と予想をしてた映画ファンの方も多かったかと思いますが、案の定、ダブル主演の片方がいなくなってしまいました…。しかし、その気になるベイン降板の理由は、ウィル・スミスのわがままでなく、他に変な事情?!があるようです…。なお、ジェイク・ジレンホールの参戦が実現すれば、メガホンをとるデヴィッド・エアー監督とは、「エンド・オブ・ウォッチ」(2012年)以来のコンビ復活!!となりますね…!!




シリーズ最新作「X-Men: アポカリプス」(2016年5月27日全米公開)のタイトルロールの悪役に起用して、ミュータントの仲間に引き込もうと目論んでいたらしい20世紀FOX との争奪戦に勝利をして、「スーサイド・スクワッド」の主演にトム・ハーディを招くことができたワーナー・ブラザースが、そのどうしても欲しかった肝心要の主人公を失ってしまうハメに陥ったことを、The Wrap のジェフ・スナイダーが独占スクープで報じてくれました…!!

ワーナー・ブラザースにとっては、「バットマン V スーパーマン:ドーン・オブ・ジャスティス」(2016年3月25日全米公開)に続く、DC版シネマティック・ユニバースの第3弾!!となる注目の「スーサイド・スクワッド」で、悪の特攻部隊を率いるリーダーのリック・フラッグとして、別の悪を倒すはずのトム・ハーディが降板した、その気になる理由とは…、


昨日(1月15日)、発表された第87回アカデミー賞の各賞ノミネートで、「バードマン」が最多の9部門で候補にあげられたアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の次回作「ザ・レブナント」(北米12月25日限定公開)の撮影スケジュールが超過したことで、同映画に出演中のトム・ハーディは、今春3月半ばまで、レオナルド・ディカプリオと再共演の現場を離れられないため、4月クランクインの「スーサイド・スクワッド」に参加するのが難しくなったのと…、


ワーナー・ブラザースが今夏の勝負映画として、5月15日から全米で封切る新マッドマックス伝説の第1弾「マッドマックス:フューリーロード」の宣伝活動があるので、ワーナー・ブラザースの来年夏の勝負映画には出演できない事態になってしまったそうです…!!

よって、20世紀FOXとの争奪戦には勝利できたワーナー・ブラザースも、ワーナー・ブラザースとの思いがけない衝突には敗れて、トム・ハーディを手放すハメになったわけですが、それにしても、ワーナー・ブラザースは、トム・ハーディが今春はワーナー・ブラザースの映画の宣伝活動に努めなければならないというスケジュールの都合を知らずに、4月クランクインの「スーサイド・スクワッド」に起用していたのだとしたら、かなりマヌケなことになりますし、また、トム・ハーディも、ワーナー・ブラザースの仕事の予定が、すでに入っていることを、ワーナー・ブラザースに前もって伝えなかったのだとしたら、ちょっと、つじつまのあわない不誠実?!なことにもなってしまいそうですね…。

なお、現時点においては、あくまでも代役の候補として、名前があがっただけですが、悪役映画「ナイトクローラー」(2014年)の演技が絶賛されたジェイク・ジレンホールの起用を、デヴィッド・エアー監督は検討しているそうですから、つまり、冒頭のように、「エンド・オブ・ウォッチ」で組んだ間柄のプリンス・オブ・ペルシャに急遽、助っ人を頼むことにした…!!といった次第ではないでしょうか…?!

「ゾディアック」(2007年)や、「ソース・コード」(2011年)などのジェイク・ジレンホールのキャリアを振りかえれば、マッドマックスの代役としては申し分ないですし、ジェイク・ジレンホールがDC版シネマティック・ユニバースに参戦して、コミックヒーロー映画に登場するのは、むしろ興味深い…!!という映画ファンの方も多いかと思いますが、CIAリーダーの皆さんは、トム・ハーディが降板してしまったことに、どのような印象の感想をお持ちになられたでしょう…?!

DCコミックスの悪役たちが罪の帳消しや、死刑の取り消しと引き換えに、政府のために、他の悪を倒す絶体絶命の自殺的なミッションに挑むことになる悪のコミックヒーロー映画「スーサイド・スクワッド」は、来年2016年8月5日から全米公開!!、悪役特攻部隊のメンバーは、ウィル・スミスのデッドショット、ジェイ・コートニーのキャプテン・ブーメラン、ジャレッド・レトのジョーカー、そして、悪のヒロインのマーゴット・ロビーのハーレー・クイン、カーラ・デルヴィーニュのエンチャントレスに加えて、司令官のアマンダ・ウォーラー役に、ヴァイオラ・デイヴィスが起用されています!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA