**************************************************************************************************


アイアンマン VS.ダークナイトや、スーパーマン VS.ソー、ワンダーウーマン VS.ブラック・ウィドウ、それにホークアイ VS.アローの弓矢対決に、ジョーカー VS.ロキの悪役頂上決戦が観たい?!、だったら、太っ腹のミッキー・マウスがワーナー・ブラザースを買って、傘下におさめちゃえばいいんでしょとばかりに?!、親会社のワーナー・ブラザースごと、DCコミックスまで吸収する可能性が伝えられたディズニーの買収工作の野望?!が実現しなかったことから、今後もどうやら、ファンの頭の中でのみ展開する空想のドリームマッチを見事に実現してくれた素晴らしい出来栄えの予告編です…!!








アレックス・ルーサーさん…ということは、つまり、「バットマン V スーパーマン: ドーン・オブ・ジャスティス」(2016年3月25日全米公開)で、ジェシー・アイゼンバーグが演じる悪役のアレクサンダー・ジョセフ “ レックス ” ルーサーと同じ名前を名乗っているらしい方が、マーベルとワーナー・DCのコミックヒーロー映画や、テレビシリーズのカットを根気よく寄せ集め、マッシュアップしてくれたドリームマッチのオールスター映画「マーベル VS. DC」の予告編です!!、ディズニー・マーベルとワーナー・DCの共同製作によるコミックヒーロー映画の実現の可能性は、今のところ、まったく望めていないどころか、マーベルは…


スパイダーマンの権利はソニー・ピクチャーズに保有され、「X-MEN」シリーズの権利は、20世紀FOXに握られてるなど、自分たちが生んだキャラクターですら、一堂に集めることができない現実を踏まえると、ほぼ絶対不可能と言い切っていいような「マーベル VS. DC」の予告編なので、アレックス・ルーサーさんは悪役ではなく、サンタクロースとして、コミックヒーロー映画ファンにとっては、とても、うれしいクリスマス・プレゼントを届けてくれたようですね!!

下 ↓ は、同様にマーベル VS. DC の誰もが考えるテーマにそって、エンタメ情報のサイト、Zimbio が、新年2015年からのディズニー・マーベルとワーナー・DCのコミックヒーロー映画のラインナップを、封切り日の時系列にそって、まとめてくれたインフォグラフィックですが、CIAリーダーのコミックヒーロー映画ファンのみなさんは、両社のシネマティック・ユニバースを見比べて、マーベル VS.ワーナー・DC のどちらに、より期待をお持ちになられたでしょう…?!








【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA