**************************************************************************************************


今週末の11月21日(金)に全米公開の「ザ・ハンガー・ゲームズ: モッキングジェイ‐Part 1」が、どうやら今年2014年で最大のオープニング・ヒットを記録する見込みであるなど、同映画で戦うヒロインのカットニスを演じるジェンの人気が最高潮に達してる現状を利用しない手はないことから、「X-Men」シリーズにおいても、ジェンのミスティークを主役に近い立場に置こうと、20世紀FOXは考えているようですから、その今や、無敵の大物のジェンと2008年公開の「ザ・ポーカー・ハウス」で共演し、親しい間柄であることや(↓写真)、シリーズの前作「X- MEN: ファーストクラス」(2011年)のマシュー・ヴォーン監督が、「キック・アス」(2010年)のヒットガールとして、世に華々しく送り出した経緯を踏まえると、人脈的には、クロエ・モレッツちゃんはかなり、有利のように思われますね…!!




今夏のコミックヒーロー映画の大ヒット作「X-MEN: デイズ・オブ・フューチャー・パスト」の続篇として、ブライアン・シンガー監督が引き続き、メガホンをとる最新作「X-Men : アポカリプス」の注目の新キャストについては、タイトルロールの悪役のアポカリプスを、「マッドマックス:フューリーロード」(2015年5月15日全米暴走)のトム・ハーディが打診されていることを、約ひと月前の先月10月下旬にお伝えしましたが、シリーズにおいて最も重要なキャラクターのひとりであるジーン・グレイ役(↓)と、目から光線のサイクロップス役(↓)とが、新たに若い10代の新進俳優たちに託される、リ・キャストの運びになったことを、The Wrap のジェフ・スナイダーが独占スクープで報じてくれました…!!


これまでの「X-MEN」の映画において、ファムケ・ヤンセンが演じてきたジーン・グレイは、本流シリーズのみならず、ヒュー・ジャックマン主演のスピンオフ映画「ザ・ウルヴァリン」(2013年)にも姿を観せていたように、「X-MEN」の世界観において、核の存在になる最も重要なミュータントのキャラクターであることは、CIAリーダーのコミックヒーロー映画ファンのみなさんは、すでによく、ご存知だと思います。そのジーン・グレイが、過去の80年代を舞台…


…とする「アポカリプス」では、あらためて、若い10代の少女として登場することになり、ブライアン・シンガー監督が、候補として考えているのは…、「キック・アス」シリーズや、リメイク版「キャリー」(2013年)などで、ギークな映画ファンに圧倒的に支持されているクロエ・モレッツちゃんをはじめ、眠れる森の美女に扮したディズニー・ファンタジー映画「マレフィセント」が今夏、大ヒットになったエルたん、コーエン兄弟監督の名作西部劇「トゥルー・グリット」(2010年)で、オスカーにノミネートされた実績のあるヘイリー・スタインフェルドちゃんらだそうで、特にヒットガールとエルたんについては、ブライアン・シンガー監督は、ひとまず実際に本人に会ってみる面談まで済ませたそうです…!!


ただし、本格的に配役を選考する公式のオーディションなどは、まだ始めていないそうですから、クロエ・モレッツちゃんエルたんとが、ブライアン・シンガー監督に会ったのは、表向きには、あくまでも挨拶だけ…といったことになりますが、果たして、ブライアン・シンガー監督が、それぞれにどのような印象を持ったのか…?!、また、名前があがった3名のほかにも、ブライアン・シンガー監督は候補になりそうな女優を探しては、検討するでしょうから、いったい、誰が大役のジーン・グレイを射止めることになるのか…?!は、何とも言えませんが、冒頭のように、クロエ・モレッツちゃんは人脈的に有利かもしれませんし、10代の女優でアクション・スター!!となれば、実質的にクロエ・モレッツちゃんぐらいしかいないわけですから、その点においても、一日の長があるかもしれません。ただし、演技の実力においては、エルたんや、ヘイリー・スタインフェルドちゃんの方が優れているかもしれないので、微妙ですね!!

そして一方、旧トリロジーでは、ジェームズ・マースデンが演じていた目から光線のサイクロップスこと、スコット・サマーズの役には、クリス監督の本格SF映画「インターステラー」が全世界で大ヒット中のティモシー・シャラメ(↓ 左)、テレビシリーズ「イーストエンダーズ」のベン・ハーディ(↓ 中)、「わたしを離さないで」(2010年)などのチャーリー・ロウ(↓ 右)らが候補にあげられているそうです…!!、サイクロップス=ジェームズ・マースデンとジーン・グレイ=ファムケ・ヤンセンとが旧トリロジーでカップルの間柄だったことを踏まえると、新たに目から光線を発する少年は、クロエ・モレッツちゃんや、エルたんヘイリー・スタインフェルドちゃんらのうちの誰かのお相手ということになるのかもしれませんが、それぞれのキャラクターが、最新作「アポカリプス」で、どのような経緯で登場し、どういう役割なのか…?!といった詳細については不明なので、続報に期待して、待たなければ仕方がありません。


さて、「X-MEN」シリーズの最重要キャラクターのジーン・グレイを新たに演じて、もしかすると、シリーズの顔のような存在になっていくのかもしれない10代の女優は、ヒットガールか、エルたんか、それとも、ヘイリー・スタインフェルドちゃんか…?!、CIAリーダーのみなさんは、ブライアン・シンガー監督は、誰を選ぶと予想されるでしょう…?!


来春2015年4月にクランクイン予定のシリーズ最新作「X-Men: アポカリプス」は、再来年2016年夏の話題作として、5月27日から全米公開の予定です…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA