**************************************************************************************************


ロバート・ダウニー・Jr が名探偵を演じた「シャーロック・ホームズ」シリーズのガイ・リッチー監督と、名探偵の相棒のワトソンに扮したジュード・ロウとが、アーサー王の伝説をあらためて描く「円卓の騎士」シリーズで、再びコンビを組む見込みになったことを、Variety のジャスティン・クロールが伝えてくれました…!!、「パシフィック・リム」(2013年)のチャーリー・ハナムが主人公のアーサー王に扮する「ナイツ・オブ・ザ・ラウンド・テーブル」、つまり、「円卓の騎士」は再来年2016年7月22日全米公開の第1弾を皮切りに計6本もの映画を製作する予定を、ワーナー・ブラザースが検討している大河シリーズで、ジュード・ロウは悪役を依頼されているそうです…!!、その他のキャストとしては、「パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン 4」(2011年)のアストリッド・ベルジュ=フリスベが、アーサー王の妻の王妃グィネヴィアを演じることが決まっています…!!、クライヴ・オーウェンとキーラ・ナイトレイが共演した「キング・アーサー」(2004年)や、ジョン・ブアマン監督の傑作「エクスカリバー」(1981年)など、これまでにくり返し、映画化されて、物語の展開は知れ渡っている “ アーサー王の伝説 ” だけに、ガイ・リッチー監督がどのように斬新な視点から描き直すのか?!が注目されるわけですが、同じような試みに挑んだ「シャーロック・ホームズ」シリーズが、たったの2本で飽きられてしまった実績を踏まえると、本当に6本もの映画が作られるのか…?!は疑問ですね…。ワーナー・ブラザースとしては、人気の「ゲーム・オブ・スローンズ」のファンが観てくれるとでも期待しているんでしょうか…?!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。


ベネディクト・カンバーバッチ主演の次回アカデミー賞各賞の最も最有力候補作ジ・イミテーション・ゲームの新しいTV トレイラー!!



映画の物語の舞台のイギリスで先行して、この週末に封切られたスパイ・スリラー風の伝記映画「ジ・イミテーション・ゲーム」を、北米で配給するワインスタイン・カンパニーがリリースした新しい予告編です…!!、ドクター・ストレンジの演じる天才数学者のアラン・チューリングが、その秀でた頭脳で、ナチの暗号解読に成功し、大戦の勝利に貢献するも、同性愛者であったことから、罪に問われてしまう理不尽を描いた傑作は、北米では再来週末の11月28日から封切り!!、最も最有力と “ 最 ” を、2回も書くのは変ですが、それぐらいの位置づけに置かれてる作品です!!



宙に実際に浮くことができるアベンジャーズの空飛ぶ空母ヘリキャリアのラジコン!!









【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA