**************************************************************************************************


マット・デイモンとポール・グリーングラス監督の名コンビが、「ボーン」シリーズに復帰をすることは、すでに先々月の9月半ばにお伝えしましたが、その裏付けとなるユニバーサル映画からの公式の製作発表はまだ行われていませんでした。しかしながら、「ボーン」シリーズとは、まったく無関係なベン・アフレック監督が、当のマット・デイモン本人とユニバーサル映画とに成り代わって?!、テレビカメラの前でいきなり、相棒が「ボーン5」に主演することを声高に言ってのけてくれました…!!、さすがは「バットマン V スーパーマン: ドーン・オブ・ジャスティス」(2016年3月25日全米公開)の新ダークナイトだけに、怖いものなしですね…!!




新人の監督や、脚本家といった映画作りの未知の才能を発掘することをテーマにして、ベン・アフレック監督とマット・デイモンの親友コンビがプロデュースしたテレビ番組のリアリティ・ショー「プロジェクト・グリーンライト」を、2005年放送のシーズン3以来、約9年ぶりに復活することにした HBOが、現地のハリウッドでは昨日の11月7日(金)に行ったイベント(↑ 写真)を取材に訪れた芸能情報メディア、E! Online のテレビカメラの前で、新ダークナイトがいきなり…、
“ こいつは来年の秋にさ、新しい「ボーン」シリーズの撮影をやるんだよ。その頃には、俺の見せかけの筋肉なんて、なくなってるかも…。 ”
…と、ふたり揃ってのインタビューで、それまでマット・デイモンが、“ 友人同士で仕事をする利点は、遠慮会釈なく、本題に斬り込めることだ…” などと極めて真面目に語っていたのに、新ダークナイトの鍛え上げた筋肉をネタに自分にマイクを向けられるや、前述のように、いきなり言ってのけてしまい、どうやら、まだ公式に発表してはいけなかったらしいマット・デイモンが口ごもって、困ってしまったものの、ついに…、

“ その通りなんだ。来年に撮影をして、翌2016年に間違いなく、封切られることになる。これまで、ぼくがずっと言ってきたように、ポール・グリーングラス監督が引き続き、メガホンをとることになる。ぼくには、彼にイエスと了承してもらうことが必要だったんだ。”
…と、自分自身の口からハッキリと、「ボーン」シリーズに復帰を果たすことを宣言したばかりか、2016年全米公開も確かに決定していることを明らかにしてくれました!!、また、マット・デイモンの口ぶりからすれば、自分自身は早くから、シリーズに復帰の意思があったらしいものの、かねてより、ポール・グリーングラス監督がメガホンをとらない限り、ジェイソン・ボーンを演じないと公言してただけに、「ボーン5」を作ってもらうように、同監督を口説き落とす交渉に時間がかかって、復帰が遅れていたようですね…!!


ベン・アフレック監督が、よい宣伝の機会じゃないか…!!と、ユニバーサル映画の了承を得ず、勝手に公式に発表してしまったシリーズ最新作「ボーン5」は、再来年2016年7月15日から全米公開の予定です…!!、無関係なベン・アフレック監督が暴露した製作スケジュールによれば、来年2015年秋には撮影が始まっているようですから、来春には具体的な共演者の顔ぶれや、ロケ地のほか、どういった展開で、ジェイソン・ボーンが復活を果たすのか…?!といった詳細が折にふれて、伝えられることになるのでは…?!、マット・デイモン主演が完璧に決定の「ボーン5」の続報をお楽しみに…!!

《関連記事》
Bourne : 「ボーン」シリーズに、マット・デイモンとポール・グリーングラス監督が電撃復帰!!、ジェレミー・レナーに代わって、2016年夏公開のシリーズ最新作「ボーン 5」に主演が決定!!(14.9.16)







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA