**************************************************************************************************


クロエ・モレッツちゃんにとっては生まれ故郷でもあるロケ地のジョージア州アトランタでも、もう日付けが変わって、おとついになった10月28日(火)に行われた、ソニー・ピクチャーズ製作・配給のSFインベージョン映画「ザ・フィフス・ウエーブ」のセット・フォトです…!!、先週の月曜日(10月20日)に、ご覧いただいた最初の1枚めのセット・フォトでは、ガブリエラ・ロペス(「ミリオン・ダラー・アーム」2014年)が起用された友人役と思われるリズベスと楽しそうに談笑しながら、弟のサミー(子役の新人ザカリー・アーサーくん)を連れて、登下校していた風のキャシー・サリバンでしたが、ご覧のように、おとついの撮影では、リズベスとの間を、フェンスによって隔てられてしまっています…!!





誘拐スリラー映画の傑作「アリス・クリードの失踪」(2010年)をモノにした J・ブレイクソン監督が、この日、どういったシーンを撮影していたのか…?!といった場面の詳細は伝えられていませんが、リック・ヤンシー著の原作ノベルでは、5段階の波状攻撃によって、人類を滅ぼそうとするらしいエイリアンの第3段階の攻撃手段が疫病のまん延…


…だそうですから、下 ↓ の写真で、看護士の女性から、クロエ・モレッツちゃんがマスクをかけられ、警察官に連れていかれようとする様子からして、すでに第1と第2の波状攻撃が終了し、エイリアンが第3の細菌攻撃を仕掛けてきた状況にまで、もはや、人類は追い詰められてしまっている展開の一部なのかもしれません…?!


クロエ・モレッツちゃん最新作のSFインベージョン映画「ザ・フィフス・ウエーブ」は、再来年2016年1月29日から全米侵略!!、弟を救うため、エイリアンに立ち向かうヒロイン、キャシーの共演者は…、怖すぎるホラー映画「ザ・カンジュアリング」(2013年)のロン・リビングストン、テレビシリーズ「サンズ・オブ・アナーキー」のマギー・シフ、「ジュラシック・ワールド」(2015年6月12日全米公開)のニック・ロビンソン、「ザ・ゲスト」(2014年)のマイカ・モンロー、イギリスのテレビ俳優のアレックス・ローのほか、テレビシリーズ「レイ・ドノヴァン」が好評のリーヴ・シュレイバーが悪役だそうですから、セイバートゥース VS.ヒットガールの対決シーンが観られるのかもしれませんね…!!、なお、いつものお約束ですが、キャシー・サリバンの写真を、さらにご覧になりたい方は、上 ↑ の写真をクリックして、B面日刊クロエ・モレッツちゃんにジャンプしてください…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA