**************************************************************************************************


シスのパルパティーン皇帝 AKA ダース・シディアスや、ジェダイの騎士たちのように、頭を覆うフードのついたローブを羽織っていると見受けられるブラックのクローム・トルーパーですが、トルーパーたちはフォースは使えないだけに?!、実際の「スター・ウォーズ : エピソード7」の映画本編では、ローブは着用していないそうです…!!



先月8月半ばに、ディズニーが製作する「スター・ウォーズ」シリーズの第1弾「エピソード7」に登場するらしい新しいストーム・トルーパーのヘルメットと称する写真と、オリジナル・トリロジーの完結編「エピソード6: ジェダイの帰還」(1983年)の結末から約30年を経た現在のハン・ソロのイメージとされるコンセプト・アートをご覧いただいたのを、CIAリーダーのジェダイの騎士のみなさんは当然、覚えていらっしゃることと思います。
それらの貴重な「エピソード7」の内部資料をリーク?!した Indie Revolver が、さらに独自に入手した同映画のコンセプト・アートとして、トップ ↑ のブラックと、下 ↓ のシルバーのそれぞれ新しいタイプのトルーパーのクローム・トルーパーを紹介してくれました…!!


同サイトによれば…、もちろん、公式の情報ではないので、デマの可能性のあり得ることを念頭に置いて頂きたいのですが、クローム・トルーパーは、アダム・ドライバーが起用された悪役が、どうやら、私的に組織したらしい身辺警護のボディガードの役割りだそうで、特にシルバーのクローム・トルーパーについては、帝国軍の正式のトルーパーとは、まったく無関係の言わば傭兵の立場だそうです。そして、そのように自分でトルーパーの部隊を抱えるアダム・ドライバーの役どころはと言えば、裕福な貴族で、過去にシスが遺した品に深い関心を抱いている…とのことですから、その辺りのシスの遺産にまつわる事情が、もしかすると、「エピソード7」から始まる新たなサーガの物語の核になっているのかもしれません…?!


スター・トレック」シリーズのJ・J・エイブラムス監督による「スター・ウォーズ : エピソード7」は、来年2015年12月18日から全世界で公開!!、さて、クローム・トルーパーのコンセプト・アートとされるイメージをご覧になって、ジェダイの騎士のみなさんは、どのような感想をお持ちになられたでしょう…?!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA