**************************************************************************************************


3D映画ブームを巻き起こして、映画史上最大ヒットを記録したSFアクション大作「アバター」(2009年)の待望の続編となる「アバター2」&「アバター3」&「アバター4」のシリーズ3本をまとめて、今年2014年後半から、ニュージーランドで撮影する予定のジェームズ・キャメロン監督が、THR の取材に応じて、以下 ↓ のように語り、第1作めで存在感を発揮する役どころを演じたシガーニー・ウィーヴァーが、続編シリーズにも引き続き、出演することを明らかにして、確約しました…!!、なお、「アバター」を観ていない…という方は、CIAリーダーのみなさんの中にまず、いないと思いますが、以下 ↓ のジェームズ・キャメロン監督の発言には、第1作めの物語の核心にふれるネタバレが含まれているので、あらかじめ、ご了承ください…!!


“ シガーニーとぼくとの間には、初めてコンビを組んだ「エイリアン2」(1986年)を製作した1985年当時にまで遡って、一緒に創造の作業に取り組んできたクリエイティブな歴史があるんだ。ぼくたちはお互いに友人としても、馬が合うから、ぼくたちの間で、仕事はいつも万事順調に進んでいく。だから、そうしたことを踏まえると、ぼくは「アバター」シリーズに、彼女が舞い戻って、参加するのは正しいと感じたんだ。彼女が第1弾の「アバター」で演じたグレース・オーガスティンは、みんな知ってる通り、物語の中でもう、死んでしまった。なので、彼女には、これからの「アバター」シリーズで、別のより挑戦的な異なる役を演じてもらうことになる。ぼくたちは共に、ぼくらの長く続くコラボの歴史の真新しい章として、この新たな取り組みへのチャレンジを、とても楽しみにしているんだ…!! ”


…とのことで、すでに続編への再出演が当然、決まっている主人公のサム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、そして、スティーヴン・ラングに加え、シガーニー・ウィーヴァーの再登場も、これで正式に決まったわけですが…、どうして、また続編に出てこれるのか…?!という疑問が生じるような前作での状況においては、シガーニー・ウィーヴァーと大差ないはずのスティーヴン・ラングの役どころの取り扱いも含め、ジェームズ・キャメロン監督が続編シリーズで、どのような構想を抱いているのか…?!、まずは今年後半のクランクインが楽しみですね…!!


ジェームズ・キャメロン監督の「アバター」シリーズは、再来年2016年12月全米公開予定の続編「アバター2」で、シリーズ再開のあと、翌2017年末に「アバター3」!!、さらにまた翌年の2018年末に「アバター4」!!と、3年連続で封切られる見込みです…!!、続報をお楽しみに…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA