広 告
**************************************************************************************************


先週の火曜日(11月8日)に紹介した予告編の予告編のチラ見せで告知されたように、ハリウッド版「攻殻機動隊」の「ゴースト・イン・ザ・シェル」を配給するパラマウント映画が、あえて原作発祥の日本から新しい予告編をリリースしてくれました!!、草薙素子ではなくて、単に “ ザ・少佐 ” のスカーレット・ジョハンソンの戦うヒロインぶりを早速、ご覧ください…!!







現地の東京都・港区のTABLOIDでは今日の11月13日の日曜日に、ハリウッド版「攻殻機動隊」の「ゴースト・イン・ザ・シェル」のプロモーション・イベントを行ったパラマウント映画が、先々月の9月末に初公開した5分割の細切れの予告編とは違い、ようやく、ちゃんと映像がつながっているフツーの全長版の予告編をリリースしてくれました!!、一昨日の金曜日(11月11日)に紹介したプロモ・ビデオの中で、オリジナル映画と言えるアニメ版(1995年)を手がけた押井守監督が、ゴージャスな作品になると思うと語っていたように、ルパート・サンダース監督が創りあげた実写版のイメージは…、


「攻殻機動隊」のファンの方が、ひとまず納得できそうなレベルに仕上がっているように観受けられますが、そもそもCMディレクターの同監督の前作の戦う白雪姫「スノーホワイト・アンド・ザ・ハンツマン」(2012年)も同様に、パッと見はよかったものの、実際の映画の出来栄えは見た目通りではありませんでしたから、安易に期待はできませんが、CIAリーダーの「攻殻機動隊」のファンのみなさんは新しい予告編をご覧になって、どのように思われたでしょう?!




日本語の字幕が邪魔という方のために、US版の予告編をあわせて、アップしておきます!!、本国向けの予告編では、ポップコーン屋さんの女将が冒頭に登場して、ご挨拶をしてくれています…!!

by Paola Del Castillo
「ゴースト・イン・ザ・シェル」のプロモ・イベントの会場では、ご覧のようにバトーのクルマのほか、コスチュームや、例の芸者さんなどが展示されて、注目を集めていたようです…!!

via : IGN
by Deive Pazos
by perotneyspears_

ソニピの「スパイダーマン」シリーズを台なしにした戦犯と言われているプロデューサーのアヴィ・アラッドによれば、アニメ・シリーズ「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」の第11話の「草迷宮」を下敷きとして、その他のエピソードをミックスしたそうですから、つまり、個別の11人事件が物語られるらしい「ゴースト・イン・ザ・シェル」は、来春2017年3月31日から全米公開!!、共演者として、「ルーシー」(2014年)のピルー・アスベックが前述のバトーを演じたほか、「ゴジラ」(2014年)のジュリエット・ビノシュ、「ボードウォーク・エンパイア」のマイケル・ピット、ウルヴァリンのクールな用心棒のリラ・フクシマ、「ザ・ダークナイト」(2008年)のチン・ハン、「アンブロークン」(2014年)のユタカ・イズミハラ、そして、元漫才師のビートたけしさんに、日本映画界を代表する女優の桃井かおりさんらが出演しています…!!



Based on the internationally-acclaimed sci-fi property, “GHOST IN THE SHELL” follows the Major, a special ops, one-of-a-kind human-cyborg hybrid, who leads the elite task force Section 9. Devoted to stopping the most dangerous criminals and extremists, Section 9 is faced with an enemy whose singular goal is to wipe out Hanka Robotic’s advancements in cyber technology.





【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...