**************************************************************************************************


【Update ➂】: 「スター・ウォーズ」のサーガの今後について、特に大きな目新しい発表はなく、プレゼンが終わった事実の結果からして、この記事のそもそも本題であったウンベルト・ゴンザレスのスクープは、ひとまず、誤報だったことが確認できました。

【Update ➁】:「スター・ウォーズ : ザ・フォース・アウェイクンズ」のメイキング・ビデオが披露され、やっぱり、ウワサのサイモン・ペグが出演していました!!

【Update ①】:サンディエゴ・コミック・コンのルーカス・フィルムのプレゼン・イベントがスタートし、今春3月の飛行機事故以来、ハリソン・フォードが初めて、元気に回復した姿を見せてくれました…!!


つまり、夫のフランク・マーシャルがプロデュースを手がけて、映画史に残る超メガヒットを放った「ジュラシック・ワールド」の監督を、次は妻が起用すると予告されました…!!






ディズニー・ルーカス・フィルムが、サンディエゴ・コミック・コンで披露してくれた「ザ・フォース・アウェイクンズ」の新しいメイキング・ビデオです!!、下 ↓ の写真のように、サイモン・ペグは、やっぱり、こっそりと出演していました!!

広 告




※以下は、最初にアップしたオリジナルの記事です。

今年末12月18日に全世界で同時に封切られる「スター・ウォーズ : ザ・フォース・アウェイクンズ」から新たに始まるディズニー傘下の新生ルーカス・フィルムのサーガは、その言わば、第1走者のJ・J・エイブラムス監督から、SFタイムループのアクション・スリラー「ルーパー」(2012年)のライアン・ジョンソン監督にメガホンがリレーされて、続篇の「エピソード8」を、再来年2017年5月26日に全米公開するところまでは確定しているものの、完結編の「エピソード9」については、「エピソード8」から連続して、ライアン・ジョンソン監督が脚本を執筆するというだけで、肝心のアンカー役をつとめる監督は未定のままとなっています。

しかしながら、Heroic Hollywood の映画ジャーナリストのウンベルト・ゴンザレスによれば、その2019年公開予定の新トリロジーの完結編として、すでに「ジュラシック・ワールド」のコリン・トレボロウ監督(↓ 写真)が決定しており、現地のサンディエゴでは本日の7月10日(金)の午後5時半から始まるルーカス・フィルムのコミック・コンでのプレゼン・イベントで、冒頭のように、フランク・マーシャルの妻にして、ルーカス・フィルム代表のキャスリーン・ケネディが公式に発表する!!と予告しています…!!


果たして、ウンベルト・ゴンザレスの予告は、真実なのか否か?!、注目のルーカス・フィルムのコミック・コンのプレゼン・イベントは、日本時間で言えば、この後、午前10時半から始まることになるますから、現時点で真偽について、もはや、ツベコベ言うのはやめて、結果が出るまで、半日ほど待つことにしましょう…!!、この予告記事が追って、どのように更新されるのか?!、お楽しみに…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA