**************************************************************************************************


記事の見出しには、いま現在、仮りにそう呼ばれているソニピ発の単独主演シリーズの「ザ・スペクタキュラー・スパイダーマン」のタイトルを書きましたが、初登場はディズニー・マーベル発の「キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー」(2016年5月6日全米公開)なので、その「キャプテン・アメリカ 3」に関するニュースとして理解して頂いても、よいかと思います…!!




今年2015年2月に交わされたディズニー・マーベルとソニピの歴史的合意によって、マーベル・シネマティック・ユニバースが、これまでのディズニー・マーベル単独のものではなくなり、ソ二ピ製作の新たな「スパイダーマン」シリーズが加わることで、ふたつの映画スタジオがコミックヒーローのキャラクターと、その物語の舞台の世界観を共有するという画期的な展開が始まる運びになったわけですが、両社の間を最も行き来することになる注目の新スパイダーマンについて、先月3月末に、ほとんど無名の16歳の少年、マテウス・ワードがオーディションを受けたスクープをお伝えしました。

そのマテウス・ワードが、これまでのソニピの映画シリーズで、スパイダーマンを演じたトビー・マグワイア、アンドリュー・ガーフィールドと比べて、明らかに幼く、子どもに見えることから、ディズニー・マーベル主導で、新たに誕生するスパイダーマンは、少年なのか…?!という疑問が浮上し、新シリーズの「ザ・スペクタキュラー・スパイダーマン」は、高校を舞台にした学園モノ的なコミックヒーロー映画になるのでは?!という憶測が現実味を増すことになったのですが、その点について、来月5月1日全米公開の「アベンジャーズ: エイジ・オブ・ウルトロン」のプロモーションのため、Collider の編集長のスティーヴ・フロスティーのインタビューに応じたディズニー・マーベル代表のプロデューサー、ケヴィン・ファイギ氏によれば…、

“ 最終的に僕たちが選ぶ俳優の年齢については、何とも言えない。けれど、僕たちが思うピーター・パーカーの年齢については…、そうだね、15 から16歳ぐらいが、ふさわしいと思っている。 ”
…とのことで、演じる俳優は、本人の実年齢ではなく、見た目の年齢によって起用されるため、必ずしも、何歳の者を起用するとは言えないが、スパイダーマンの年齢の設定は、マテウス・ワードとタメの15歳~16歳の高校1年生ぐらいとして、少年ヒーローで間違いないことを明らかにしてくれました…!!、さらに…ではなくて、下 ↓ のインタビュー・ビデオでは、上 ↑ の結論のコメントの前に言っていることですが…、
“ 僕がお気に入りの「スパイダーマン」のストーリーの多くで、彼は高校生なんだ。僕たちは、そこのところを掘り下げていきたい。それによって、新しいスパイダーマンは、マーベル・シネマティック・ユニバースの既存の他のキャラクターたちとは大きく異なっていけるはずなんだ。つまり、その素晴らしい舞台設定を極めることで、スパイダーマンは他のヒーローたちを相手に、自分だけのユニークな個性を発揮していけると思う。 ”


…といった風に、ケヴィン・ファイギ氏は説明をし、言わば、対極の存在?!のオヤジ・ヒーローのアイアンマンロバート・ダウニー・Jr. をはじめ、すでに皆な、立派に大人のアベンジャーズのヒーローたちとは、その年齢の違いのジェネレーション・ギャップから当然、考え方も異なるでしょうし、また、恐らくは言動もティーンエイジャーらしくなるであろうことによって、スパイダーマンが際立っていくかのように語ってくれました…!!


さて、ついに15歳から16歳の少年であることが確実になった新スパイダーマンには、いったい、誰が起用されるのか…?!、初登場を飾るデビュー作「キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー」の撮影が間もなく始まるだけに、その答えとなる注目の少年の名前と顔は、すぐにも発表されるかもしれません!!、お楽しみに…!!

少年ヒーローの活躍と成長を描くディズニー・マーベルが仕掛け人のソニー・ピクチャーズの新しいシリーズ「ザ・スペクタキュラー・スパイダーマン」の第1弾は、再来年2017年7月28日から全米公開!!、メガホンをとるのは、雷神主演のカルト・ホラー映画「ザ・キャビン・イン・ザ・ウッズ」(2012年)でデビューしたドリュー・ゴダード監督です!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA