**************************************************************************************************

新年度開始の多忙で、誰もが映画を観ない週末に、
キリスト教の啓蒙映画「ウォー・ルーム」が第1位 ! !
ロバート・レッドフォードが、実在の人気作家に扮した
「ア・ウォーク・イン・ザ・ウッズ」が大健闘の第3位 ! !
主役が交代の「トランスポーター 4」が、シリーズ史上
最低の封切り成績のノロノロ運転で第5位の惨敗 ! !
メキシコ発のアニメとして、初めて全米で封切られた
ファミリー向け「雄鶏と玉子たち」が初登場第8位 ! !


*各数字は、週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、このBEST10にランクインした時点での値です。


第1位(2) 「ウォー・ルーム」(300万ドル)
       $9,350,000-(1,526館/$6,127)-$24,663,458

※信仰心をテーマにしたキリスト教の啓蒙映画なので、一般の映画サイトでは紹介しません。教会の動員で、ヒットしているかのように見えるだけに過ぎません。

第2位以下は続きを読むの後です…!!

映画の格付けサイト Rotten Tomatoes での評論家の支持率 18 % に対し、観客の支持率は 90 %
レビューのとりまとめサイト Metacritic でのスコアは 25 /100ポイント


第2位(1) 「ストレイト・アウタ・コンプトン」(2,800万ドル)
       $8,850,000-(3,097館/$2,858)-$147,785,705


ストレイト・アウタ・コンプトンテレビスポット



映画の格付けサイト Rotten Tomatoes での評論家の支持率 88 % に対し、観客の支持率は 96 %
レビューのとりまとめサイト Metacritic でのスコアは 72 /100ポイント

《関連記事》
Straight Outta Compton : 伝説的なヒップホップ・グループ N.W.A の誕生と解散の裏話を、元メンバーのアイス・キューブのプロデュースで映画化した音楽伝記映画の最新作「ストレイト・アウタ・コンプトン」の予告編!!(15.1.2)





《 POINT 》 一般にオープニング成績の約3倍前後が、その映画の最終的な興行成績になる可能性が高い。興行成績の概ね半分が
映画館の取り分となる。よって、オープニング成績から試算したトータルの売り上げを2分の1にして、製作費と比較すれば、その映画の興行的成功の度合いをおおまかに測ることができる。








【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA