**************************************************************************************************


昨2014年10月に、テレビのニュースで公然と、「バットマンVスーパーマン : ドーン・オブ・ジャスティス」のネタバレを放送されたことに怒ったワーナー・ブラザースが、訴訟に踏み切る可能性まで伝えられる大きなトラブルになった事件について、驚きの訂正?!が伝えられました…!!




そのネタバレのニュースで、キャリー・ケリー役、つまり、女ロビンに扮して、ベン・アフレック監督の新・ダークナイトをサポートするらしい役割が伝えられたジェナ・マローンですが、実はそうではなくて、Latino Review の映画ジャーナリスト、ケルヴィン・チャベスが複数のソースで確認をとった新情報によれば、ザック・スナイダー監督は、「サッカーパンチ」(2011年)の戦うヒロイン、ロケットに、バーバラ・ゴードンの役を与えたそうです!!、クリス・ノーラン監督の「ザ・ダークナイト」トリロジーでは、ゲイリー・オールドマンが演じたゴードン警部補の娘バーバラは成長して、バットガールに変身するキャラクターですが…、


しかし、コミコン予告編で、ベン・アフレック監督の新・ダークナイトの相棒、ロビンは、「スーサイド・スクワッド」(2016年8月5日全米公開)のジョーカージャレッド・レトによって殺されてしまったらしい過去が暗示されたことを踏まえると、ひょっとすると、そのロビンが殺された時にバットガールだったジェナ・マローンのバーバラも致命傷を負わされ、車椅子生活となった結果、コンピューターを自在に操って、情報を集めるオラクルに生まれ変わった姿として、登場する可能性の方が高いのかもしれません…?!、となれば、生身の人間のバットマンが自分を超越した存在であるエイリアンのスーパーマンを退治するにあたり、その弱点のクリプトナイトを見つけ出すなどして、サポートする重要な役を、ジェナ・マローンが演じているのかも?!、いずれにしろ、ジェナ・マローンの役は、ワーナー・ブラザースが裁判を検討するほど重大なものだけに、バットガール、そして、オラクルの登場は間違いないのかもしれません!!








【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA