**************************************************************************************************


ザック・スナイダー監督の「バットマン V スーパーマン」から連続して、デヴィッド・エアー監督(「フューリー」2014年)の悪のコミックヒーロー映画「スーサイド・スクワッド」(2016年8月5日全米公開)にも参戦するベン・アフレック監督の新・ダークナイトは、クラシックな趣きの本来のコスチュームをベースとして、この “ テック・カウル ” と呼ばれるメカニックなカウルも装着することになるらしいなど、どうやら、そのキャラクターの外見には、いくつかのバリエーションが用意されているようですね…!!





バットマンが、強力な敵のスーパーマンを迎え撃つにあたって、コスチュームを重ね着し、アーマーを身に着けるのは、つまり、「アベンジャーズ: エイジ・オブ・ウルトロン」(全米公開中)のアイアンマンが、ハルクを相手に戦うのに、ハルクバスターを重ね着したのと同じことか…と、何だか、パクリ?!のように思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、バットマン・マニアの方は当然、ご承知のように、1986年出版の原作コミック「ザ・ダークナイト・リターンズ」に登場したものを、実物化したと言えるアーマーの写真です…!!

広 告


現地のサンディエゴでは今日の7月9日(木)に開幕したコミック・コンで、ワーナー・ブラザースが展示したものを、Collider の編集長のスティーヴ・フロスティーが撮影して、紹介してくれました…!!、このアーマーの他にも、「バットマン V スーパーマン : ドーン・オブ・ジャスティス」(2016年3月25日全米公開)のベン・アフレック監督は、どのような秘密兵器を隠し持っているのか…?!、一番下のリンクから、次のページで、バットマンの新しい武器の写真をあわせて、ご覧ください…!!















【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA