**************************************************************************************************


エレン・デジェネレスが司会をつとめた昨2014年の第86回との比較で、視聴者の数が約17%近くも大きく減ってしまい、過去6年間で最も不人気だった昨夜の第87回アカデミー賞授賞式は、その数字で明らかに示されたように、あまり関心も共感も得られず、話題の盛り上がりに欠けた感があるわけですが、その授賞式の中でも、ひときわ注目を集めた最優秀オリジナル主題歌賞の候補の「The LEGO Movie」が披露してくれたパフォーーマンスを今一度、お楽しみください…!!






映画ファンの支持を集めて、大ヒットをした傑作が賞の候補にあげられなかったり、また、ノミネートはされても、肝心の受賞は果たせない…といった、お決まりのガッカリが毎年のようにあるのが特徴のオスカーにおいて、今回の第87回で、それにあたるのが最優秀長編アニメ映画賞の大本命で、絶対に受賞するだろう…!!どころか、オスカーに値するアニメ映画は、この1本しかなかっただろう!!とまで言われながら、ノミネートすらされなかった「The LEGO Movie」だったわけですが…、


ご覧のように、候補にあげられた最優秀オリジナル主題歌賞のステージを楽しいパフォーマンスで楽しませてくれたばかりか、LEGOバットマン役の声優をつとめたウィル・アーネットが、「バットマン・フォーエヴァー」(1995年)で、ヴァル・キルマーが身につけていたバットマン・スーツを着て、登場!!という、バットマン・ファンにとっては、まさに目が点になるようなビックリの、うれしいサプライズの演出まで盛り込んでくれました…!!、そして、さらには、残念ながら受賞を果せなかった候補者らに、パフォーマンスで使ったLEGOオスカー像をプレゼントし、みんな勝利者!!の “ Everything Is Awesome ” にしてくれるなど、「The LEGO Movie」はもしかすると、ある意味で、昨夜のアカデミー賞を席巻してしまっていたのかもしれません…!!


「The LEGO Movie」が最優秀長編アニメ映画賞の候補にあげられず、最優秀オリジナル主題歌賞でも受賞できなかったのは残念ですが、賞に選ばれないことで、むしろ、受賞した人や作品よりも長く記憶に残ることになる…というのも、オスカーの伝統ですから、「The LEGO Movie」も、ずっと愛されていくことになるのではないでしょうか…!!


LEGOオスカー像は、そもそもは、上 ↑ のTweet のように、「The LEGO Movie」が、最優秀長編アニメ映画賞にノミネートされなかったことで、フィル・ロード監督が悔しまぎれの皮肉として、だったら、自分で作るよ…!!と持ち出したものですが、昨夜の授賞式で人気を集めた、そのLEGOオスカー像は、どのようにして作るのか…?!、作者のLEGOアーティストのネイサン・サワヤさんが披露してくれたメイキング・ビデオをオマケでご覧ください…!!









【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA