**************************************************************************************************


【Update】: バットマン V スーパーマン:ドーン・オブ・ジャスティス」は、前後編の二部作に分割されるのか、されないのか?!の疑問について、スーパーマンのヘンリー・カヴィルが真実を語ってくれました…!!、コチラの続報の記事をご覧ください…!!

スーパーマン・ビギンズ「マン・オブ・スティール」(2013年)に引き続き、ザック・スナイダー監督がメガホンをとったコミックヒーロー映画の超話題作「バットマン V スーパーマン:ドーン・オブ・ジャスティス」の予告編を、どうやら、製作・配給のワーナー・ブラザースが、来月2月6日に全米公開するスペース・オペラの超大作「ジュピター・アセンディング」の冒頭にアタッチするらしいという可能性を、おとついの木曜日(1月8日)にお伝えしました。その予告編の初公開のスケジュールについても、まだ公式に確認されていないだけに、果たして、以下 ↓ の写真に、どの程度の信ぴょう性があるのか…?!、慎重に受けとめなければなりませんが、もしかすると、これはワーナー・ブラザースが用意している予告編の一部かもしれません…?!






そもそもの出どころは、まったく不明ですが、画像ホスティング・サービスの Imgur に、誰かがアップしながら、すぐに削除してしまったのを、AICN が抜け目なく、すかさず保存しておいてくれた写真です…!!、恐らくはディスプレイのモニター画面を、スマホか、デジカメで撮影したものと見受けられますが、「バットマン V スーパーマン」という白抜きの大文字のタイトルの下に…、

Part1: エンター・ザ・ナイト」 2015年10月23日

Part2: ドーン・オブ・ジャスティス」 2016年3月25日


…として、これまで単独の1本の映画だと思ってきた「バットマン V スーパーマン : ドーン・オブ・ジャスティス」が、実は二分割された前後編の後編であり、前編の第1弾「エンター・ザ・ナイト」が先行して、早くも今秋に全米で封切られるらしいことが告知されています…!!

出どころ不明の写真だけに、容易には信じがたい「バットマン V スーパーマン : ドーン・オブ・ジャスティス」の二分割ですが、本来は1本の映画を前後編に分けて公開するのは、ワーナー・ブラザースが「ハリー・ポッター」シリーズの最終章「死の秘宝」(2010年・2011年)で始めたことですから、同社なら、やりかねないでしょうし、「マン・オブ・スティール」の撮影期間が約半年だったのに対して、「バットマン V スーパーマン」は約8ヵ月間と長期にわたって、カメラを回していたので、2本の映画に仕上げるだけの素材と内容を持っていても、おかしくはありません!!、それにそもそも、ベン・アフレック監督の新ダークナイトの姿が完全公開されたのが昨2014年5月なのに、実際に映画館のスクリーンに登場するのは、現在から見ても、まだ1年以上も先の来年2016年3月末だなんて、トータルで約2年間も間隔があいてしまうのは、いくら何でも長すぎる…!!と、ちょっと不審に思っていた人も多いのでは…?!


さて、「バットマン V スーパーマン : ドーン・オブ・ジャスティス」は、本当に二分割されて、ベン・アフレック監督の新ダークナイトの登場を主なテーマにするらしいと窺えるタイトルの「エンター・ザ・ナイト」が今秋に全米公開されるのか…?!、来月2月初めに予告編を初公開であれば、その一部のイメージが流出しても、おかしくはないわけですが、CIAリーダーのみなさんは、謎の写真について、どのような感想をお持ちになられたでしょう…?!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA