**************************************************************************************************


なんだか、マーク・ウォールバーグの目線と表情からして、まるで、エミリア・クラークのサラ・コナーに対して、おい、お前、別の映画なのに、どうして、俺と同じ場所にいるんだ…?!、手に持っているのは、ターミネーター父ちゃんのシュワルツェネッガーの頭か?!と疑問の因縁をつけているように見えてしまう人もいらっしゃるかも…?!


初公開の予告編を観た映画ファンの多くから、「ルーパー」(2012年)や、「ザ・ダークナイト」(2008年)の演出をパクッたらしい箇所が指摘され、早くも批判に晒されている「ターミネーター : ジェニシス」ですが、ポスターのデザインもまた、ご覧のように、「トランスフォーマー: エイジ・オブ・エクスティンクション」をパクッたものだ…として、揶揄されています…。しかしながら、「トランスフォーマー4」と「ターミネーター5」は、どちらもパラマウント映画の作品ですから、デザインを盗用して、パクッたことにはならないものの、ただし、パラマウント映画は「ターミネーター5」のポスターのデザインを新たに思案する手間をはぶいて、カンタンに「トランスフォーマー4」のポスターのイメージを使いまわした?!と言われても仕方がないだけに、「ターミネーター」に対する、やる気のなさを指摘されてしまうかも…?!、果たして、最初から、こんな調子の新しい「ターミネーター」は、本当に3部作の映画トリロジーのみならず、映画の進行と並走する新テレビシリーズまで製作して、時間軸のねじれのパラドックスをちゃんと説明することができるんでしょうか…?!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA