**************************************************************************************************


ちょうど2週間前の先々週の木曜日(10月23日)に初公開された予告編を紹介することができなかった、マーク・ウォールバーグ主演のリメイク版「熱い賭け」の賭博映画「ザ・ギャンブラー」の新しい全長版の予告編を、パラマウント映画がリリースしたので、本日はしっかりとアップしておきます…!!、なお、2週間前に、最初の予告編をどうして、紹介できなかったのか…?!というのは、その日にコミックヒーロー大集合映画「アベンジャーズ : エイジ・オブ・ウルトロン」(2015年5月1日)のまさかの予告編の流出事件と、その直後の電撃リリース!!という大変なことがあって、予定が狂ってしまいました!!、なので、予期しない事件によって、映画の話題をいきなり、アベンジャーズのヒーローたちに全部さらわれ、予告編の初公開が目立たなかったマーク・ウォールバーグは気の毒なわけですが、しかし、その運の悪いツキのなさを踏まえると、主人公の大学教授、ジム・ベネットがギャンブルに負け、大金をスッてしまうのも当たり前だ…と、妙に映画の内容に説得力を感じてしまうかも…?!








故カレル・ライス監督が、ジェームズ・カーン(「ミザリー」1990年)を主演に起用して、ギャンブル中毒の大学教授の転落を描いた「熱い賭け」(1974年)をリメイクした現代版の最新作「ザ・ギャンブラー」の全長版の予告編です!!、マーク・ウォールバーグが約27キロも減量の激ヤセで、役作りに挑んだ主人公のジム・ベネットは…、


予告編でご覧のように、大学の文学教授というインテリのステイタスを持つ一方、ヤバい連中から借りた大金を躊躇することなく、カジノに注ぎ込むギャンブル中毒という、ふたつの顔を持った複雑な人物。そんなジムが、ブリー・ラーソン(「ショート・ターム12」2013年)扮する教え子の女子大生エイミーと親密な関係におちいったことから、どうやら、これまでの破天荒な人生にケリをつける大勝負に挑むことになるようですが…、


ジェームズ・カーンがオリジナル映画で演じた主人公のアクセル・フリードは、金に困った挙げ句、あろうことか、自分の教え子のバスケットボール選手に八百長をすることを持ちかけるほど、見下げ果てた人物に転落していく有り様だったので、それと比べると、恋愛映画の要素をやや盛り込んだ風に観受けられるリメイク版は、ちょっと生ぬるいような印象がしないでもありません…。しかしながら、当初に予定されていたマーティン・スコセッシ監督に代わって、メガホンをとったルパート・ワイアット監督は、「ライズ・オブ・ザ・プラネット・オブ・ジ・エイプス」(2011年)で、「猿の惑星」シリーズを卒なく、現代的にアップデートした人だけに、その実績から推して、意外に納得のできる作品に仕上げてくれてることを期待はできそうですが、CIAリーダーの皆さんは、マーク・ウォールバーグがオスカー獲りの博打に打って出たとみられるリメイク版「熱い賭け」の予告編をご覧になって、どのような感想をお持ちになられたでしょう…?!


リメイク版「熱い賭け」の「ザ・ギャンブラー」のキャストとして、マーク・ウォールバーグの主人公、ジム・ベネットに対して、本人の身柄を担保に大金を貸すギャングのネヴィルは、TV シリーズ「ボードウォーク・エンパイア」のほか、リメイク版「ロボコップ」(2014年)では、ロボコップの相棒の刑事だったマイケル・K・ウィリアムズ。こわもての高利貸しながら、主人公に対して、父親に近い親近感を抱いているらしいフランクは、「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」(2013年)などの名優ジョン・グッドマン。そして、マーク・ウォールバーグの裕福なママを演じているのは、オスカー女優のジェシカ・ラング(「トッツィー」1982年)ですね…!!


マーク・ウォールバーグ主演の「ザ・ギャンブラー」は、北米で今年末12月19日から限定公開で封切りのあと、2015年1月2日から全米拡大公開の予定です…!

《関連記事》
The Gambler: マーク・ウォールバーグが約27キロ減量の激ヤセで、賭け事に溺れる大学教授になり切った、文豪ドストエフスキー原作の70年代賭博映画の傑作「熱い賭け」をリメイクした「ザ・ギャンブラー」の写真を初公開!!(14.10.8)
The Gambler: マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオのコンビが復活!!、ジェームズ・カーンが主演した、文豪ドストエフスキー原作の70年代の賭博映画「熱い賭け」のリメイクで、レオが破滅の人生を演じる!!(11.8.27)

Jim Bennett (Academy Award®-nominee Mark Wahlberg) is a risk taker. Both an English professor and a high-stakes gambler, Bennett bets it all when he borrows from a gangster (Michael Kenneth Williams) and offers his own life as collateral. Always one step ahead, Bennett pits his creditor against the operator of a gambling ring (Alvin Ing) and leaves his dysfunctional relationship with his wealthy mother (Academy Award®-winner Jessica Lange) in his wake. He plays both sides, immersing himself in an illicit, underground world while garnering the attention of Frank (John Goodman), a loan shark with a paternal interest in Bennett’s future. As his relationship with a student (Brie Larson) deepens, Bennett must take the ultimate risk for a second chance…







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA