**************************************************************************************************


コミックヒーロー映画の超話題作「バットマン V スーパーマン: ドーン・オブ・ジャスティス」がロケを行っている現地のデトロイトで昨日の9月12日(金)に発生したバットモービル盗難事件が、ゴッサム市警の素早い動きの捜査によって、スピード解決を迎えて、容疑者が逮捕され、ベン・アフレック監督の新ダークナイトは無事に愛車を取り戻すことができましたが、ご覧のように、取り押さえた容疑者の素性がストーム・トルーパーであったことから、どうやら、単に実行犯として、バットモービルを盗め!!という指示を受けたに過ぎず、事件の背景には、さらに黒幕として、暗黒卿のダース・ベイダーと帝国軍が関与している可能性の窺える不穏な事態へと発展を遂げることになりました…?!






Bleeding Cool によって、昨日の現地9月12日(金)に第1報が伝えられ、CBSニュースなどの大手メディアの報道機関でも取り上げられた “「バットマン V スーパーマン: ドーン・オブ・ジャスティス」の撮影現場からバットモービルが盗まれた…?! ” の大事件?!は、どうせ、デマに決まっているので、CIA ではレポートしませんでしたが、ウワサが大きくなったことから、事実確認に動いた現地のデトロイト市警によって、案の定、バットモービルは盗難の被害になど遭ってはおらず、一連のバットモービル盗難事件?!の実態は、同映画が新たなバットモービルの写真を披露した話題に、面白おかしく便乗した SNS 上での “ ネタ ” であるらしいことが明らかになっています。


上 ↑ の写真は、そうしたバットモービル盗難事件の呆れたデマに終止符を打つ目的も込めて、ザック・スナイダー監督が “ 事件解決 ” のキャプションをそえて、Twitter にアップしたジョークですが、バットモービルを盗んだ自動車泥棒はストーム・トルーパーだった…!!という、おかしなオチは、ヘンリー・カヴィルスーパーマンがジェダイの騎士の “ スーパージェダイ ” の写真と、ダークナイトが C-3POで、R2-D2 がロビン?!の写真に続く、「バットマン V スーパーマン V スター・ウォーズ」のマッシュアップ・フォトの第3弾ということになりますね…!!


さて、ザック・スナイダー監督のマッシュアップ・フォトに対して、C-3POがダークナイトの返礼(↑)をしてくれた「スター・ウォーズ: エピソード7」(2015年12月18日全世界公開)が、このストーム・トルーパーが自動車泥棒の不名誉?!に対して、また何かのリアクションをしてくれるのか…?!、「バットマン V スーパーマン V スター・ウォーズ」の続きを楽しみにしておきましょう…!!

大勢の撮影スタッフに囲まれたロケの現場から、バットモービルが盗まれるわけがない「バットマン V スーパーマン : ドーン・オブ・ジャスティス」は、ワーナー・ブラザースの春の男祭り映画の最新作として、再来年2016年3月25日から全米公開です…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA