**************************************************************************************************


ダークファンタジー映画の鬼才のティム・バートン監督が、1994年公開の「エド・ウッド」以来、約20年ぶりに伝記映画に取り組んだ最新作「ビッグ・アイズ」の写真を、配給のワインスタイン・カンパニーが初公開したので、チェックしておいてください…!!、キモカワの元祖?!とでも言えそうな、ちょっと悪夢的にデフォルメされた大きな眼をした子どもたちの風変わりな絵がアート・シーンでセンセーショナルとなり、1960年代に一躍、有名になった画家のウォルター・キーンだったが、それらの際立った絵画は、実はすべて妻のマーガレットの作品だった…!!とのことで、夫の陰に隠れて、生きるのに嫌気が差し、離婚して、自分の著作権を訴える真のアーティストの妻は、「バットマン V スーパーマン : ドーン・オブ・ジャスティス」(2016年5月6日全米公開)のヒロイン、プリンセス・エイミー・アダムス!!、本当に自分が絵の作者ならば、人前で描いてみろと、裁判で元妻から絵画勝負を挑まれ、成す術がなくなる夫のウォルターは、タランティーノ映画の名優クリストフ・ヴォルツです。続きを読むのあとで、プリンセス・エイミー・アダムスのマーガレット・キーンの写真をもう1枚、ご覧ください…!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。


ティム・バートン監督の最新作「ビッグ・アイズ」は、北米で12月25日のクリスマスから限定公開で封切りです…!!


ドラゴンボールZをダークなイメージで実写化を試みた自主映画ザ・フォール・オブ・メンの予告編!!



フランスのインディーズのフィルム・メイカー、ヨハン・フォーレさんとヴィアンネ・グリフォンさんがチームを組んだブラックスモーク・フィルムズが、鳥山明の「ドラゴンボールZ」を下敷きにして製作している「ザ・フォール・オブ・メン」の予告編です…!!、いったい、どんな実写版の「ドラゴンボールZ」が出来上がるのか…?!、ちょっと興味をひかれるダークなリアリズムのトーンで作られています…!!



シリーズ第4弾ジュラシック・ワールドのクリス・プラットが約5年前に自分がジュラシック・パーク4に主演することを予言していたビデオ!!



ヒーローのスター・ロードを演じた「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」が、先週末の全米公開で記録破りの大ヒットになったクリス・プラットが、今から約5年ほど前に、テレビシリーズ「パークス・アンド・レクリエーション」に出演していた頃に撮影したビデオです…!!、スピルバーグ監督からメールが来た…!!という設定で、自分が「ジュラシック・パーク4」に主演することをジョークで、ほのめかしてくれています…!!、だからと言って、もちろん、クリス・プラットが当時すでに、シリーズ復活の第4弾「ジュラシック・ワールド」に主演することが内定していたわけではなく、かねてから本人が口にしているように大好きなシリーズのタイトルをネタに持ち出しただけのことかと思いますが、いずれにしろ、クリス・プラットは本当に昔から「ジュラシック・パーク」が好きで、本心から出演したかった…!!というのが確認できたのではないでしょうか…?!、新人コリン・トレボロウ監督(「セーフティー・ノット・ギャランティード」2012年)にメガホンが託された「ジュラシック・ワールド」は、来年2015年6月12日から全米公開です…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA