**************************************************************************************************


サイレント映画の時代から活躍した巨匠セシル・B・デミル監督が、チャールトン・ヘストンを主演に起用して、1956年に発表した傑作「十戒」のリメイク映画と言えば、手っ取り早く、内容を説明できるスペクタクル超大作「エクソダス: ゴッズ・アンド・キングス」を配給する20世紀FOXが、主人公の預言者モーセに扮したクリスチャン・ベールと、ファラオのラムセス役に起用されたジョエル・エッジャートン(「ザ・グレート・ギャツビー」2013年)とが相並んだ、上 ↑ のポスターのほか、初公開の予告編と新しい写真、それにモーセとラムセスのそれぞれのキャラクター・ポスターをまとめて、盛りだくさんにリリースしてくれたので、早速ご覧ください…!!







古代のエジプトで、本来ならば奴隷の身分であるはずのヘブライ人のモーセが、幼い頃に王女に拾われたことから、王子として、ファラオの息子のラムセスと一緒に兄弟として育てられるも、ラムセスと反目して追放された後、神の啓示を受けて預言者となり、ラムセスのもとから60万人もの奴隷を解放し、約束の地を目指すことになる旧約聖書の出エジプト記を、リドリー・スコット監督があらためて映画化した「エクソダス: ゴッズ・アンド・キングス」は…、


その映画化の方向性が、新解釈の人間ドラマ重視か、それとも、リドリー・スコット監督が得意のダイナミックな映像美で、荘厳な古代エジプトを襲う神の怒りのディザスターや、冒頭の「十戒」で有名な海が割れるシーンを再現する娯楽的なスペクタクル映画なのか…?!の二者択一の行方に注目が寄せられていましたが、上 ↑ の初公開の予告編から察するかぎりにおいては、どうやら、後者のエンタテインメント志向のように窺えます。しかしながら…、


リドリー・スコット監督は同様に古代のローマ帝国を舞台にした、娯楽的なアクションの要素が強い「グラディエーター」(2000年)で、第73回アカデミー賞の最優秀作品賞をモノにしていますから、まぁ、ある程度、予想はされていましたが、「エクソダス: ゴッズ・アンド・キングス」の狙いは、やはり、「グラディエーター」の大成功をもう1度…ッ!!というのが、映画の実態の真骨頂だったようですね…!!


名は体を表すではありませんが、クリスチャンだけに?!、かねてより、キリストに似ている…!!、いずれ、神の役を演じるだろう…!!などと冗談半分に言われていたダークナイトが、ついに聖書映画に主演したスペクタクル大作「エクソダス: ゴッズ・アンド・キングス」は、20世紀FOXの年末年始の勝負映画として、今年末12月12日から全米公開!!、共演者は、「エイリアン」(1979年)や、「1492: コロンブス」(1992年)で、リドリー・スコット監督とは名コンビのシガーニー・ウィーバーのほか、「アイアンマン3」(2013年)の名優ベン・キングズレー、「ニード・フォー・スピード」(2014年)のアーロン・ポール、「トランスフォーマー」シリーズのジョン・タトゥーロといった顔ぶれです…!!


さて、CIAリーダーのみなさんは、リドリー・スコット監督が「十戒」を復活させた「エクソダス: ゴッズ・アンド・キングス」が初公開した予告編をご覧になって、どのような感想をお持ちになられたでしょう…?!

From acclaimed director Ridley Scott (Gladiator, Prometheus) comes the epic adventure “Exodus: Gods and Kings,” the story of one man’s daring courage to take on the might of an empire. Using state-of-the-art visual effects and 3D immersion, Scott brings new life to the story of the defiant leader Moses (Christian Bale) as he rises up against the Egyptian Pharaoh Ramses (Joel Edgerton), setting 600,000 slaves on a monumental journey of escape from Egypt and its terrifying cycle of deadly plagues.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA