Star Wars News & Tidbits : サーガの新しいヒロイン、レイのデイジー・リドリーが、ジョン・ボイエガから、ちょっと独りよがりなプレゼントをもらってしまう「スター・ウォーズ」の日を祝したメッセージのグリーティング・ビデオ、and more …!!

by hirobillyssk


ライアン・ジョンソン監督(「ルーパー」2012年)が覚醒トリロジーの第2弾「エピソード 8」(2017年12月15日全米公開)を撮影しているイギリスや、日本ではもう、とっくに今日ですが、北米では明日の5月4日= “ May the 4th ” の「スター・ウォーズ」の日に先がけて、サーガの新しいヒロイン、レイのデイジー・リドリーが届けてくれた、ファンのジェダイの騎士のみなさんに向けてのお祝いと感謝のメッセージ・ビデオです!!、お祝いについては、自分大好き?!のジョン・ボイエガが、エイリアンのキャラクターに託して、わざわざ自分が演じるフィンのフィギュアをレイにプレゼントしたように、「スター・ウォーズ」の日を迎えるにあたってのグリーティングですが、感謝の方はと言えば、先月4月5日にスタートしたチャリティの “ フォース・フォー・チェンジ ” に期待を大きく超えた善意のフォースが世界中から贈られ、目標金額の100万ドルを達成できたことへのお礼です!!、しかしながら、目標は達したとは言え、伝説のジェダイの騎士のルーク・スカイウォーカーが孤独に暮らしている世界遺産のスケリッグ・マイケルを訪れるなどするアイルランドへの旅が当たるチャリティは太平洋標準時の本日午後11時59分まで続けられますから、まだ7時間弱の時間が残っています!!、なので、「スター・ウォーズ」の日を祝して、善意のフォースを必要とする子供たちを支援するチャリティに、自分も参加しよう…!!という方は、コチラの特設サイトを訪れてみてください…!!

Star Wars News & Tidbits は、「スター・ウォーズ」の話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加して、更新するとトップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせします。

Movie News & Tidbits Part 2 : 「キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー」のチケットを買ったマーベル・ファンが観たいスピンオフ映画の第1位は、やっぱり、あの人の単独主演作だった、and more …!!

by hirobillyssk


諸外国に遅れて、今週末の5月6日に、ようやく、全米で封切られる「キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー」の前売りチケットを購入した1,000名以上のマーベル・ファンを対象として、USA Today が Fandango に委託して行ったアンケート調査によれば、最も観たいスピンオフ映画の第1位は、スカーレット・ジョハンソンが単独主演する「ブラック・ウィドウ」で、全体の約48%の票を集めたそうです!!、続く第2位…と言っても、かなり水をあけられていますが、次点は約15%の支持を集めたポール・ベタニー単独主演の「ザ・ヴィジョン」!!、そして、以下は、アンソニー・マッキー主演の「ファルコン」=約12%、ジェレミー・レナー主演の「ホークアイ」=約10%、ドン・チードル主演の「ウォー・マシン」=約8%、リジー主演の「スカーレット・ウィッチ」=約7%という順番の結果だったそうです…!!、アベンジャーズのオリジナル・メンバーのうち、単独主演の映画が作られていないブラック・ウィドウとホークアイが得た票の数を足すと、実に58%と約6割のマーベル・ファンの希望に応えることになるので、ディズニーは、いわゆる “ ナタクリ ” のふたりがコンビを組んで活躍する「ブラック・ウィドウ&ホークアイ」を企画してもよいのでは…?!、さて、CIAリーダーのみなさんは、マーベル・シネマティック・ユニバースで、まだ単独主演作がないキャラクターのうち、いったい、誰の映画をご覧になりたいと思っていらっしゃるでしょう…?!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。

Movie News & Tidbits : 大怪獣 VS. 巨大ロボットの戦いを描くSFアクション大作「モンスターポカリプス」の権利を取得する入札に勝利して、映画を製作するスタジオが決定、シリーズ第2弾の最新作「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ: アウト・オブ・ザ・シャドウズ」が、あらためてカメたちを紹介した新しい予告編をリリース、and more …!!

by hirobillyssk


プライベート・プレス社のボードゲーム「モンスターポカリプス」を映画化するプロジェクトの取得を目指して、ドリームワークス、ワーナー・ブラザース、ソニピといったハリウッドの大手映画スタジオが競走入札に臨んだことを、先週末にレポートしてくれた Heat Vision のボリス・キットが、その結果の続報を伝えてくれました!!、リメイク版「死霊のはらわた」(2013年)のフェデ・アルヴァレズ監督がメガホンをとることを前提に、相棒の脚本家ロド・サヤゲスと共同でシナリオを執筆し、構想を練り上げた映画版「モンポカ」の企画を買い上げるにあたって、同監督はいらないので、単に映画化の権利と脚本だけを、7桁の金額=100万ドル台で売ってほしいと求めた他社に対して、6桁台の半ばの数字…ということですから、およそ半額の50万ドルで、フェデ・アルヴァレズ監督まで含んだ丸ごと企画を買いたいというワーナー・ブラザースが勝利したそうです…!!、よって、ユニバーサル映画が、あろうことか、ギレルモ・デル・トロ監督を降板させ、TVシリーズ「デアデビル」のクリエイター、スティーヴン・S・デナイトを新監督に起用した「パシフィック・リム2」なんか怖くないとばかりに?!、大怪獣 VS. 巨大ロボットの戦いを描いて、勝負を挑む「モンスターポカリプス」を製作するのは、そもそも「パシフィック・リム」(2013年)を作ったばかりか、その続編の製作を見送って、ユニバーサル映画に譲った当のワーナー!!という皮肉なことになりそうです…!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。

Star Wars News & Tidbits : 「ゴジラ」のギャレス・エドワーズ監督がリメイクする「ローグ・ワン : ア・スター・ウォーズ・ストーリー」のオリジナル映画のVHSカセットのジャケット、「スター・ウォーズ: ザ・フォース・アウェイクンズ」を絵文字でキュートに再現したショート・アニメ、and more …!!

by hirobillyssk


ゴジラ」(2014年)で注目を集めたギャレス・エドワーズ監督が大抜擢をされた「ローグ・ワン」は、もちろん、「スター・ウォーズ」アンソロジー第1章のオリジナル映画であって、リメイクではないのですが、実は昔の映画です!!と紹介したくなるようなノスタルジックをこめて、最新の映画のフェイクのVHSカセットのジャケットを、ファンメイドでデザインしてくれている offtrackoutlet さんの作品です!!、ウワサ通りに暗黒卿のダース・ベイダーが登場するとしたなら、懐かしい気持ちになっても仕方がない「ローグ・ワン」は、「エピソード3 シスの復讐」(2005年)と「エピソード4 新たなる希望」(1977年)との間の出来事をリアルに描く作品です。コチラで予告編をご覧ください…!!

Star Wars News & Tidbits は、「スター・ウォーズ」の話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加して、更新するとトップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせします。

Movie News & Tidbits : 「スター・トレック」の新生シリーズ第4弾が、映画のタイトルを公的に登録、「X-Men」シリーズ最新作「アポカリプス」のナイトクローラーとモヒカン・ストームが登場した M&M'SのチョコのおかしなCM、and more …!!

by hirobillyssk


約1年前の昨2015年6月の時点で、まさにメイン・キャストのカーク船長のクリス・パインとスポックのザッカリー・クイントのふたりが、パラマウント映画との間で出演契約を更新し、昇給を得たことが伝えられていたので、「スター・トレック」マニアのトレッカーの方は、新生シリーズの第4弾が作られるであろうことを半ば確信していたかと思いますが、MPAA=アメリカ映画業協会に対して、パラマウント映画が「スター・トレック 4」のタイトルを申請し、登録したことを、ファン・サイトの TrekMovie が伝えてくれました!!、よって、パラマウント映画が新生シリーズの第4弾を製作する裏付けが、さらに取れたことになるので、今夏7月8日全米航海の第3弾「ビヨンド」をトリロジー完結編とし、いったん幕を閉じるのでは…?!という可能性は、ほぼ消滅したと言えるかもしれませんが、ストレートに「スター・トレック 4」と名づけられた最新作が、どういう展開を迎えるのか?!などは、もちろん、サッパリわかりません。また、「スター・トレック」については、「ハンニバル」のクリエイター、ブライアン・フラーが仕掛け人をつとめる新テレビシリーズが、CBSテレビの有料のストリーミング・サービス、CBS All Access で、来年2017年初めに放送を開始する予定ですが、その撮影をカナダのトロントで、今秋にスタートすることを同局が発表しています!!、映画シリーズと新テレビシリーズとの間で、何かリンクする要素があるのか…?!はわかりませんが、まだまだ続くらしいエンタープライズ号の冒険をお楽しみに…!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。

Iron Man VS.Optimus Prime: アイアンマン VS. トランスフォーマーのリーダー、オプティマス・プライムの鋼鉄の男たち対決のアクション・ショート・フィルム!!

by hirobillyssk


これまでにも「バットマン VS.ダース・ベイダー」や、「スパイダーマン VS.ダース・モール」といった興味深いヒーロー同士の戦いを描いてくれたバット・イン・ザ・サンのアクション・ショート・フィルムの最新作です…!!

Captain America : マーベルのヒーロー大集合映画「キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー」の写真を計114枚も集めたアルティメット・フォト・ギャラリー!! - Part Ⅳ

by hirobillyssk


全米で今週末の5月6日から公開の「キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー」のフォト・ギャラリーのPart Ⅳです!!、その他のページには、一番下 ↓ のリンクからジャンプしてください…!!

Captain America : マーベルのヒーロー大集合映画「キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー」の写真を計114枚も集めたアルティメット・フォト・ギャラリー!! - Part Ⅲ

by hirobillyssk


全米で今週末の5月6日から公開の「キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー」のフォト・ギャラリーのPart Ⅲです!!、その他のページには、一番下 ↓ のリンクからジャンプしてください…!!

Captain America : マーベルのヒーロー大集合映画「キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー」の写真を計114枚も集めたアルティメット・フォト・ギャラリー!! - Part Ⅱ

by hirobillyssk


全米で今週末の5月6日から公開の「キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー」のフォト・ギャラリーのPart Ⅱです!!、その他のページには、一番下 ↓ のリンクからジャンプしてください…!!

Captain America : マーベルのヒーロー大集合映画「キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー」の写真を計114枚も集めたアルティメット・フォト・ギャラリー!! - Part Ⅰ

by hirobillyssk


今週末の5月6日を待たなければ、映画館に登場しない全米に先がけて封切られた諸外国のうち、南米のブラジル(1,230万ドル)と、メキシコ(2,060万ドル)、フィリピン(750万ドル)の3 か国で、現地の映画興業記録を書きかえてしまう史上最大の封切りヒットを叩き出すなどした結果、アッという間に約2億20万ドルもの巨額を稼いだ「キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー」が、これまでにリリースした計114枚の写真をすべて集めたフォト・ギャラリーです…!!、すでに映画をご覧になった方は、内容を振り返りながら、これから観る…!!という方は期待を抱きながら、眺めて、お楽しみください…!!、でも、写真の数が多いので、ギャラリーは計4ページに分割させて頂きました…!!、それぞれのページには、一番下のリンクからジャンプしてください…!!

Movie News & Tidbits : 「アクアマン」から降板のウワサが伝えられた渦中のジェームズ・ワン監督が、リアクションの写真をリリース、自分が登場しない「キャプテン・アメリカ: シビル・ウォー」で活躍のスパイダーマンに嫉妬したらしい雷神ソーのイタズラの数々、and more …!!

by hirobillyssk


「ウィ・ニード・トゥ・トーク・アバウト・ケヴィン(少年は残酷な弓を射る)」(2011年)で強烈な印象を残したエズラ・ミラーが、超高速ヒーローの主役に抜擢された映画版の「ザ・フラッシュ」(2018年3月3日全米公開)で、監督デビューを飾るはずだった作家のセス・グレアム=スミス(「高慢と偏見とゾンビ」)が降板してしまった…という残念なニュースをキッカケとして、マーベル・シネマティック・ユニバースに対抗するため、即席に企画されたと言われる DC・シネマティック・ユニバースの崩壊説がまた浮上し、第2の離脱者?!として名前を持ち出されたジェームズ・ワン監督が、自らの Twitter にアップしてくれた写真です!!、同監督の真意を表わすコメントは何も添えられていないものの、とてもリラックスした雰囲気で、アクアマンの巨大なディスプレイに寄りかかっている様子からして、ぼくはジェイソン・モモアが主演するコミックヒーロー映画(2018年7月27日全米公開)から降板したりしないよ…!!と、暗にリアクションしてくれたように思われるのですが、CIAリーダーのみなさんは、この写真の意味をどのように解釈されたでしょう?!、なお、ジェームズ・ワン監督のヒーロー映画「アクアマン」のヒロインには、すでにジョニデの若い嫁さんとして知られるアンバー・ハードが決定しています…!!

≪関連記事≫
The Flash: 映画版「ザ・フラッシュ」の監督が降板したのをキッカケに、ワーナー・DCのコミックヒーロー映画シリーズが崩壊する可能性が浮上?!(16.4.30)

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。

Box Office : 4月29日~5月1日の全米映画ボックスオフィスBEST10!!

by hirobillyssk

絶賛の「ザ・ジャングル・ブック」が、新作映画3本を
おさえ、3週連続大ヒットで首位をキープの快進撃 ! !
子ネコ映画のアクション・コメディ「キアヌ」が製作費
の規模に応じた好成績で第3位に食い込んだ一方、
豪華なキャストを集めた「母の日」と、人気ゲームを
アニメ映画化した「ラチェット&クランク」が沈没 ! !


*各数字は、週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、このBEST10にランクインした時点での値です。


第1位(1) 「ザ・ジャングル・ブック」(1億7,500万ドル)
       $42,439,000-(4,041館/$10,502)-$252,095,800

第2位以下は続きを読むの後です…!!


Search in CIA
カスタム検索